キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NX-OS におけるうるう秒の対応

うるう秒について

2017年1月1日にうるう秒の調整が実施されます。
日本標準時では、2017年1月1日の午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に8時59分60秒が追加されます。
※うるう秒については、後述の補足を参照してください。
 

NX-OS におけるうるう秒の対応

NX-OS では、NTP の Leap Indicator(LI) による、うるう秒の追加・削除に対応しており、NTP serverから受け取ったLI bitの立ったNTPパケットは正常に同期され8時59分59秒を2回繰り返します。

 

対象機器

Nexus/9000/7000/6000/5000/3000 series switch


うるう秒の追加・削除時に出力されるログ

8時59分59秒を2回繰り返す挙動となりますが、これに伴い出力されるログはありません。
 

影響

各プロダクトごとに以下の不具合が報告されております。

Cisco Nexus 3000 Series Switches

CSCut43397 

CSCui37256 (PTP) 

Cisco Nexus 5000 Series Switches

CSCub38654

CSCut81357 (PTP)

Cisco Nexus 6000 Series Switches

CSCub38654

CSCut81357 (PTP)

Cisco Nexus 7000 Series Switches

CSCua77416

CSCuv11862

CSCuh30369(PTP)

Cisco Nexus 9000 Series Switches

CSCut78541 (PTP)

参考情報:Leap second (Cisco.com)

補足

地球の自転と原子時計の時間差が0.9秒以上になると想定された場合、うるう秒によって調整されます。
うるう秒による調整は、12月か6月の末日の最後の秒(世界標準時)に実施され、それでも調整しきれない場合は、3月か9月の末日の最後の秒(世界標準時)で実施されます。

世界標準時(UTC)と日本標準時(JST)では、時差が9時間である為、日本では午前8時59分の最後の秒で調整されます。前回の追加は2015年7月1日でしたが、次回の実施日は未定です。

日本標準時(JST)グループ:うるう秒実施日一覧

http://jjy.nict.go.jp/QandA/data/leapsec.html

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-10-2015 03:11 PM
更新者: