キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NX-OS における Rollback 機能について

はじめに

 

このドキュメントでは、Rollback の設定サンプルを提供しています。 Rollback は configuration に checkpoint を設け、設定変更した後でも command 1つで checkpoint に戻すことができる便利な機能です。

 

前提条件:

要件

Nexus シリーズ スイッチ全般でご使用頂けます。より詳しくは各 platform の configuration guide および command reference をご確認ください。

使用コンポーネント

このドキュメントの例では、以下の環境の non-default VDC を利用しています。

N7K-C7010 + N7K-SUP1, NX-OS 6.2(2)

 

設定

まず、現在の running-config が checkpoint としたいものであることを "show running-config" などでご確認ください。

今回の例では Eth8/1 の設定を変更するため、初めに Eth8/1 の設定を確認します。

n7k-vdc2# sh run int e8/1

!Command: show running-config interface Ethernet8/1
!Time: Wed Jul 15 11:50:27 2015

version 6.2(2)

interface Ethernet8/1
  ip address 99.0.0.1/24
  no shutdown

 

この状態で、checkpoint を作成します。この例では test という名前に設定しています。

n7k-vdc2# checkpoint test
..Done

 

作成した checkpoint の確認をします。

n7k-vdc2# sh checkpoint
--------------------------------------------------------------------------------
Name: test


!Command: Checkpoint cmd vdc 2
!Time: Wed Jul 15 11:55:38 2015

version 6.2(2)
hostname n7k-vdc2

-----snip-----
interface Ethernet8/1
  priority-flow-control mode auto
  ip address 99.0.0.1/24
  no shutdown
-----snip-----

 

Configuration を変更します。

n7k-vdc2# conf t
n7k-vdc2(config)# int e8/1
n7k-vdc2(config-if)# description ***Eth8/1***

 

checkpoint 'test' と 現在の running-config の差分を見ると、追加した description 分であることが確認できます。

n7k-vdc2(config-if)# show diff rollback-patch checkpoint test running-config
Collecting Running-Config
#Generating Rollback Patch

!!
!
interface Ethernet8/1
 description ***Eth8/1***

 

rollback する (running-config を checkpoint に戻す) 際には以下のように複数のオプションがあります。atomic (error がある場合は rollback を実行しない) が default です。

n7k-vdc2# rollback running-config checkpoint test ?
  
  atomic                 Stop rollback and revert to original configuration
                         (default)
  best-effort            Skip errors and proceed with rollback
  stop-at-first-failure  Stop rollback at the first error
  verbose                Show the execution log

 

実際に rollback してみます。

n7k-vdc2# rollback running-config checkpoint test
Note: Applying config parallelly may fail Rollback verification
Collecting Running-Config
#Generating Rollback Patch
Executing Rollback Patch
Generating Running-config for verification
Generating Patch for verification
Verification is Sucessful.

Rollback completed successfully.

 

"Rollback completed successfully." と出力されれば rollback は成功です。running-config を見ると、configuration が戻っていることがわかります。

n7k-vdc2# sh run int e8/1

!Command: show running-config interface Ethernet8/1
!Time: Wed Jul 15 11:58:50 2015

version 6.2(2)

interface Ethernet8/1
  ip address 99.0.0.1/24
  no shutdown

 

checkpoint が不要になった場合は以下のように全 checkpoint を消去することができます。

tskanai# clear checkpoint database user
..............Done
tskanai# sh checkpoint summary
tskanai#

 

checkpoint は "write erase" や 'reload' で消えてしまうので、注意が必要です。

検証時などに、何度も設定を変更しては戻す、といった作業が必要な場合に非常に有効な手段になり得ます。

 

関連情報

 

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-15-2015 09:54 PM
更新者: