シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NX-OS:Nexus7000におけるCPU使用率監視方法について

0.Nexus7000におけるCPU使用率

1.コマンドによるCPU使用率の確認

2.SNMPによるCPU使用率の確認

3.(参考)高CPU使用率時のトラブルシューティング

 

0.Nexus7000におけるCPU使用率

NX-OS はプリエンプティブ CPU マルチタスクを利用するので、プロセスはアイドル状態の CPU を使用しタスクをより速く完了できます。このため、CPU スパイクが history オプションによって報告されることがありますが一時的なものである場合問題ありません。

CPU の平均使用率が 100 % に近いまま推移している状態が継続する場合、詳細な調査が必要となる可能性があります。本ドキュメントでは定期的なCPU使用率監視を行うための方法を御紹介いたします。

 

1.コマンドによるCPU使用率の確認

CPU使用率はshow processes cpu historyコマンドによって、最新60秒、60分、72時間のCPU使用率が確認できます。また、本コマンドの出力結果は1秒単位で取得したactiveなsupervisorの値の平均値を算出しております。

 

Nexus7000# show processes cpu history

    1 111        252 1 1 21 1 1 1 1    1 111 1 13 1 1 111 1  1 1
    029431849485448162204306230333227584300129324423452447354220
100
 90
 80
 70
 60               #
 50               #
 40               #
 30               #                             #
 20   #          ###     #                   #  #
 10 # ### # # ## ##### # #### # # # #### ### # ## # ######## # #
    0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....
              0    5    0    5    0    5    0    5    0    5

               CPU% per second (last 60 seconds)
                      # = average CPU%

 

2.SNMPによるCPU使用率の確認

次にSNMPによるCPU使用率の確認方法に関して、記述します。

 

2-1.使用するMIB及びObject

Nexus7000シリーズにおいて、CPU使用率確認のために以下のMIB,Objectを使用

することが出来ます。

MIB:CISCO-PROCESS-MIB

Object: cpmCPUTotal1minRev 1.3.6.1.4.1.9.9.109.1.1.1.1.8

Object2:cpmCPUTotal1minRev 1.3.6.1.4.1.9.9.109.1.1.1.1.7

 

2-2.SNMPにより確認できる出力結果

実際に1.3.6.1.4.1.9.9.109.1.1.1.1.8をpollingすると以下のように複数出力結果が得られることがわかります。また、以下の出力結果はshow moduleの出力結果に対応しています。

[server@test server]$ snmpwalk -c cisco -v 1 1.80.10.1 1.3.6.1.4.1.9.9.109.1.1.1.1.8
SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.109.1.1.1.1.8.22 = Gauge32: 21 >slot1
SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.109.1.1.1.1.8.23 = Gauge32: 20  >slot2
SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.109.1.1.1.1.8.24 = Gauge32: 16  >slot3
SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.109.1.1.1.1.8.26 = Gauge32: 6  >slot4
SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.109.1.1.1.1.8.27 = Gauge32: 2    >slot5
SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.109.1.1.1.1.8.28 = Gauge32: 13  >slot6
SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.109.1.1.1.1.8.29 = Gauge32: 11  >slot7
SNMPv2-SMI::enterprises.9.9.109.1.1.1.1.8.30 = Gauge32: 14  >slot8
[server@test server]

これは1.3.6.1.4.1.9.9.109.1.1.1.1.8によってすべてのモジュール上のCPU使用率が

pollingされるためです。show process cpu historyにて参照されているようにActiveなsupervisorを監視対称とすることが一般的です。そのため、上記の例ではActiveなSUPを示す1.3.6.1.4.1.9.9.109.1.1.1.1.8.26監視対称のオブジェクトとして監視ツールへ入力する必要があります。

また、.4番目に出力されているSNMPv2-SMI::enterprises.9.9.109.1.1.1.1.8.26がActiveなSUPをさすことはshow moduleの出力結果から、active supがslot4に挿入されていることから判ります。

Nexus7000# sh mod
Mod  Ports  Module-Type                         Model              Status
---  -----  ----------------------------------- ------------------ ----------
1    32     10 Gbps Ethernet Module                 N7K-M132XP-12      ok
2    32     10 Gbps Ethernet XL Module             N7K-M132XP-12L     ok
3    48     10/100/1000 Mbps Ethernet Module     N7K-M148GT-11      ok
4    0      Supervisor module-1X                     N7K-SUP1           active *
5    0      Supervisor module-1X                      N7K-SUP1           ha-standby
6    32     1/10 Gbps Ethernet Module                   N7K-F132XP-15       ok
7    48     1/10 Gbps Ethernet Module                  N7K-F248XP-25       ok
8    48     1000 Mbps Optical Ethernet XL Modul N7K-M148GS-11L    ok

 

(参考)高CPU使用率時のトラブルシューティング

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎02-12-2015 04:00 PM
更新者: