シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

PIDとVendor Part Number の関連性、及びCapability Catalog について

既存のFabric Interconnect 配下のUCS 5108やC-series integration構成に、新規Blade serverやC-series server を増設した際にFRUのInvalidが発生したというお問い合わせを何度か頂きましたため、以下にPIDとVendor Part Numberの関連性、及び関連付けが記載されているCapability Catalog について記述します。

 

 

<Vendor Part Number, PIDとは?>

Vendor Part Number: CPU, DIMM, HDD等、各ベンダーが自社のナンバリングルールに従って決定

PID: Ciscoが定義したルールに従い、ナンバリングしたProduct ID。同じDIMM容量、同じ性能とみなしたものは、Vendorが異なっても同じPIDとして定義する

(例:Samsung社の16GB DIMM と Hynix社の16GB DIMMを同じPIDとして定義)

 

 

<PIDとVendor Part Numberの関連性について>

通常、1つのPIDには、複数のVendor ID が関連付けられます。

例えば、PID: UCS-MR-1X162RY-Aには、M393B2G70BH0-YK0 や M393B2G70CB0-YK0をはじめとする複数のVendor Part Numberが関連付けられております。

 

Capability Catalog には、PIDとVendor Part Number の関連付けが記載されております。

ある1つのPIDに対応するVendor Part Number の数は、月日を経る毎に増えていきます。新たな別Vendor製品をサポートしたり、同じVendorから供給される同じ性能を持つとCiscoで判断されたDIMMでも、Vendor Part Number が変わることがあるためです。

よって、Vendor Part Number は、以下のようにCapability Catalogのバージョンが上がる毎に追記されていきます。

 

catalog_table.PNG

 

各バージョンのCapability Catalogに、どのPID, Vendor Part Number が掲載されているかは、Fabric Interconnect へSSHでアクセスし、以下の様なコマンドで確認が可能です。このコマンドのフル出力は、テキストファイルとして添付しております。

 

ucs3-B# scope system

ucs3-B /system # scope capability

ucs3-B /system/capability # show version

Catalog:

    Running-Vers: 2.1(3a)T

    Package-Vers: 2.1(3a)A

    Activate-Status: Ready

ucs3-B /system/capability # show memory expand

 

例えば、PID = UCS-MR-1X162RY-Aは、複数のVendor Part Number, M393B2G70BH0-YK0,M393B2G70DB0-YK0 などと関連付けられております。

<抜粋>

    Vendor: 0x80CE

    Model: M393B2G70BH0-YK0     <--Vendor part number

    HW Revision: 0

    Equipment Manufacturing:

        Name: 16GB DDR3-1600-MHz RDIMM/PC3-12800/dual rank/1.35v

        PID: UCS-MR-1X162RY-A   <--PID

        VID: V01

        Caption: 16GB DDR3-1600-MHz RDIMM/PC3-12800/dual rank/1.35v

        Part Number: 15-13615-01

        SKU: UCS-MR-1X162RY-A

        CLEI:

        Equipment Type:

...

    Vendor: 0x80CE

    Model: M393B2G70DB0-YK0     <--Vendor part number

    HW Revision: 0

    Equipment Manufacturing:

        Name: 16GB DDR3-1600MHz RDIMM/PC3-12800/dual rank/1.35v

        PID: UCS-MR-1X162RY-A   <--PID

        VID: V01

        Caption: 16GB DDR3-1600MHz RDIMM/PC3-12800/dual rank/1.35v

        Part Number: 15-13615-01

        SKU: UCS-MR-1X162RY-A

        CLEI:

        Equipment Type:

 

 

Capability Catalog上で関連付けが確認出来ませんと、UCS manager は不明なPIDを持つFRUが搭載されていると認識し、Invalid FRUxxx (メモリの場合は、Invalid FRUDIMM)のWarningを上げてきます。例えば、上記の表でVendor Part Number = C のFRUが搭載されたBladeを2012.11にリリースされたCapability Catalog 2.1(1a)がインストールされているUCSMで検出すると、CはCatalogに存在しないため、PIDが不明なFRUが入っているとしてInvalid FRUがレポートされます。

DIMMがInvalid FRUとなった例を以下に挙げます。

 

Severity: Warning

Code: F0502

Last Transition Time: xxxx-xx-xx

ID: xxxxxxx

Status: None

Description: DIMM DIMM_H1 on server 14 has an invalid FRU

Affected Object: sys/rack-unit-14/board/memarray-1/mem-15

Name: Memory Unit Identity Unestablishable

Cause: Identity Unestablishable

Type: Equipment

Acknowledged: No

Occurrences: 1

Creation Time: xxxx-xx-xx

Original Severity: Warning

Previous Severity: Warning

Highest Severity: Warning

 

このエラーコードF0502を、以下のURLで確認しますと、取るべきアクションが確認できます(最新バージョンのCatalogへのupdate)。

http://www.cisco.com/en/US/docs/unified_computing/ucs/ts/faults/reference/UCS_SEMs.html

 

 

Fault Code:F0502

Message

DIMM [location] on server [chassisId]/[slotId] has an invalid FRUDIMM [location] on server [id] has an invalid FRU

Explanation

This fault typically occurs because Cisco UCS Manager has detected unsupported DIMM in the server. For example, the model, vendor, or revision is not recognized.

Recommended Action

If you see this fault, take the following actions:

Step 1

Verify that the capability catalog in Cisco UCS Manager is up to date. If necessary, update the catalog.

Step 2

If the above action did not resolve the issue, you may have unsupported DIMMs or DIMM configuration in the server. Create a show tech-support file and contact Cisco TAC.

 

このエラーを回避するためには、上記Step 1 に記載がありますように、Capability Catalog が最新で無い場合、最新にupdateして下さい。

Catalog file のアップデートにより、システムのリブートが必要となるといったインパクトは御座いません。

Infrastructure firmware、及びCapability Catalog が古いFI配下に、追加のB-seriesやIntegration構成のC-series serverを追加する場合、予めCapability Catalogをアップデートしてからサーバーを追加することを推奨します。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎02-08-2014 12:37 AM
更新者:
 
添付