シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCSでサポートされるInfrastructure firmwareとServer firmwareの組み合わせ

Fabric Interconnect を使用するIntegration構成(B-series, C-series integration)に於いて、Infrastructure firmware (UCS manager, FIのfirmware, IOMのfirmware等)と、Server内のコンポーネント(BIOS, CIMC, Adapter 等)のサポートされるコンビネーションについて何度がご質問を頂きましたので、纏めさせて頂きます。

 

(1) Infra firmware が1.4.x もしくは 2.0.x の場合

 

Server firmware は、Infra firmware と完全に一致させる必要があります。

 

2.0.x_supported.png

 

以下は、2.0.x のInfra, Server firmware のバージョンです。

 

2.0(5f)

2.0(5e)

2.0(5d)

2.0(5c)

2.0(5b)

2.0(5a)

2.0(4d)

2.0(4b)

2.0(4a)

2.0(3c)

2.0(3b)

2.0(3a)

2.0(2r)

2.0(2q)

2.0(2m)

2.0(1x)

2.0(1w)

2.0(1t)

2.0(1s)

2.0(1q)

 

「完全に」という意味は、アルファベットの部分まで、完全に一致させる必要があるということです。

よって、以下の様なファームウェアコンビネーションは、Ciscoでサポートされません。

Infra: 2.0(5c) + Server: 2.0(5a)

 

 

(2) Infra firmware が2.1.x以降の場合

 

Release Notes for Cisco UCS Software, Release 2.2

http://www.cisco.com/en/US/docs/unified_computing/ucs/release/notes/ucs_2_2_rn.html

 

table2.PNG

 

- A mix of servers running different B-bundles may be run with a single A-bundle. However, any given server must be running the entire B/C bundles (with associated drivers). Example: mixing the 2.1(2)B BIOS with the 2.1(3)B CIMC on a server is not supported.

- The OS hardware and software interoperability is relative to the B/C-bundle on any given server. To see what OS is supported, see the Hardware and Software Interoperability documentation associated with the B-bundle version.

- The A-bundle version must be at or above the same version(s) of any B/C-bundles running on the servers (seeTable 2 ). This applies for patch levels as well, even though they are not displayed on the table. For example, you can mix 2.1(1f)A with 2.1(1b)B, but you cannot mix 2.1(1b)A with 2.1(1f)B.

 

リリースノートのリンクの"Table 2 Mixed Cisco UCS Releases Supported"に記載がありますように、Infra firmware を

2.1.x, 2.2.xにすることで、matrixに記載のある、バージョンが異なるServer firmwareをFIの配下に加える事が出来ます。

同じドメイン配下でServer firmware はTable2のmatrixを満たせばファームウェアの混在が許されるため、以下の例の様に

同じFI配下の異なるChassisに跨る構成であっても、同じドメインに属するため、サポートされます。

表から確認できますように、A-bundle 2.2.xではB/C-bundle 2.1.xまでをサポートし、A-bundle 2.1.xでは、B/C-bundle 2.0.x

までをサポートします。 A-bundle 2.2.x + B/C-bundle 2.0.x, A-bundle 2.1.x + B/C-bundle 1.4.x といったコンビネーションは

サポートされておりませんのでご注意下さい。リリースノートは更新されるため、常に最新版をご参照下さい。

SameDomain.png

 

尚、Table2の下に注意書きがあるように、A-bundles(Infra firmware)は、B/C-bundle(Server firmware)以上である必要があります。

アルファベット部も含め、Infra firmware はServer firmware より上のバージョンである必要があります。

 

<例>

サポートされるコンビネーション     : A-bundle=Infra=2.1(1d), B/C-bundle=Server=2.1(1b)

サポートされないコンビネーション : A-bundle=Infra=2.1(1b), B/C-bundle=Server=2.1(1d)

970
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント