キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS シャーシ 交換手順

■作業前

UCSMで現在の状況を確認します。

【FE確認】

1. Equipmentタブ 配下、該当シャーシを選択します。

   (Equipment > Chassis > Chassis X)

   次に、右画面のOverall status, Operability等のステータスを確認します。

 

2. Equipmentタブ 配下、該当シャーシを選択します。

   (Equipment > Chassis > Chassis X)

   次に、右画面Faultsタブを確認します。

 

以下のURLの「3-1. シャーシ本体」もご参照ください。

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12390131

 

 

■作業手順

 

【お客様作業】

1. 該当シャーシに搭載されているブレードサーバのOSをシャットダウンします。

 

【FE作業】

2. ブレードサーバにAssociateされているService Profileを、全てDisassociateします。

UCSMでEquipment > Chassis > Chassis X > Servers > Server Xに移動し、右画面GeneralタブのProperties内のService Profileをクリックします。

すると、AssociateされているService Profileの設定画面が開くので、その画面のGeneralタブのDisassociate Service Profileをクリックします。

図4.png

 

ポップアップするService Profileの設定画面

図5.png

 

 

3. シャーシをFabric Interconnectから物理的に切断します。

シャーシとFabric Interconnectが接続された状態ですと、次のステップのRemove Chassisを実行できません。

 

4. UCSM上からシャーシを削除します。

UCSMでEquipment > Chassis > Chassis Xに移動し、右画面GeneralタブでRemove Chassisを実行します。

図1.png

 

シャーシ削除中のステータス

remove中.JPG

 

シャーシ削除中のFSM

remove中FSM.JPG

 

削除完了

remove完了.JPG

 

 

5. シャーシに搭載されているコンポーネントを全て外し、シャーシを交換します。

 

6. 新しいシャーシへ既存のコンポーネントを移設し、結線も完了させます。

 

7. 電源ケーブルをシャーシに接続します。しばらくすると、Decommissionタブで新しいシャーシが認識されます。

新しいシャーシ上で右クリックをして、メニューからRecommission Chassisを選択します。

図10.png

自動的にRecommissionされていた場合は、一度Decommissionしてください。

 

8. Chassis IDを入力する画面がポップアップするので、元のChassis IDを指定します。

recommission2.JPG

 

指定したChassis IDで、UCSMに登録されます。

NewChassis接続.JPG

 

 

9. ブレードサーバを認識させ、Service Profileを元通りにAssociateしていきます。

自動的にブレードサーバのDiscoveryが始まらない場合は、UCSMでEquipment > Chassis > Chassis X > Servers > Server Xに移動し、右画面GeneralタブのRe-acknowledge Slotをクリックします。

図2.png

 

しばらくするとブレードサーバが認識されるので、次にAssociate Service Profileを選択して、適切なService ProfileをAssociateします。

図3.png

 

 

■作業後

UCSMで正常性を確認します。

 

【FE作業】

1. Equipmentタブ 配下、該当シャーシを選択します。

   (Equipment > Chassis > Chassis X)

   次に、右画面のOverall status, Operability等、ステータスを確認します。

 

2. Equipmentタブ 配下、該当シャーシを選択します。

   (Equipment > Chassis > Chassis X)

   次に、右画面Faultsタブを確認します。

 

【お客様作業】

3. シャットダウンしていたOSを起動します。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎08-19-2012 06:44 PM
更新者:
 
タグ(2)