シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS B-Series メモリー(DIMM) の交換手順

■作業前

 

【FE作業】

1. UCSMのEquipmentタブ 配下、該当サーバーを選択します。

   (Equipment > Chassis > Chassis X > Servers > Server X)

   右画面Inventoryタブ配下、Memoryタブを選択

   該当のメモリーモジュールをダブルクリックして開くウィンドウ内で、Overall status,Operability 等ステータスを確認

以下のURLの「1-3. DIMM」も参照してみてください。

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12392706

 

■作業手順

 

【お客様作業】

1. サーバー(OS)をシャットダウンし、電源を停止します。

1-1. UCS Manager にログインします。
1-2. Equipment タブ に移動し、 Chassis > Chassis X > Servers > Server X に移動します。
1-3. 現在の状態をFault Summary欄にて確認します。【作業後の状態と比較するためメモしておきます】
1-4. 右側の画面の Actions より、Shutdown Server を実行します。
1-5. Gracefully shutdown OS にチェックが入っている事を確認し OK をクリックします。

1

1-6. Overall Status が Power Off となっている事を確認します。

2



【FE作業】

2.  該当サーバーに適用されているService ProfileのDisassociation実施、完了を待つ

   (Serversタブ配下 servers > Service Profile配下該当Service Profileを選択、
右画面Generalタブを選択、Actions項目内、Disassociation Service Profileを選択、確認画面でOKをする)

 

3.  該当サーバーのServerのDecommission実施、完了を待つ

    (Equipment > Chassis > Chassis X > Servers > Server X、
右画面 Action 項目内 server maintenanceをクリック、Maintenance Server 画面で、Decommission を選択して、確認画面でOKをする)

 

4. UCS Manager上で該当サーバースロットが赤くなっていることを確認

   Needs Resolutionと表示される。

 

5.  該当サーバをシャーシから引き抜き、引き抜いた旧サーバの情報をdecommissionedから削除する。

UCSM -> ①Equipment -> ②右ペインのDecommissionedタブ -> Servers -> ③旧サーバのRecommissionにチェックし、④Save Changes ボタンをクリック。

 

6.  Top cover を開ける

 

7.  該当 DIMM を抜く

 

8.  交換用 DIMM を挿入する

 

9.  Top cover を閉める

 

10. 該当サーバーをシャーシに戻す

 

11.  サーバーをシャーシに戻すことで自動的にDiscoveryプロセスがスタートし、完了すると該当サーバがUnassociatedのステータスになる。Discoveryがスタートしない場合、Equipment タブから該当サーバーを選択し、
Actions よりReacknowledgeを選択、確認画面で OK をクリックし、
該当サーバーが Unassociated のステータスとなるのを待つ

 

12. 次の手順13実施後、誤ってサーバーが自動起動しないよう、Initial Power State をDownにする。
(Servers タブ配下 Servers > Service Profile 配下該当 Service Profile  を選択、
右画面 General タブを選択、Actions 項目内、Change Initial Power State  を選択、設定画面で down にチェックし OK をする)

 

13.  該当サーバーに Service Profile を Association し、完了(Power Off もしくは OK)を待つ。
(Servers タブ配下 Servers > Service Profile 配下該当 Service Profile を選択、
右画面 General タブを選択、Actions 項目内、Change Service Profile Association を選択、Associate Service Profile 画面で該当サーバーを選択、確認画面で OK をする)

 

■作業後

【FE作業】

1. Equipmentタブ 配下、該当サーバーを選択します。

   (Equipment > Chassis > Chassis X > Servers > Server X)

   右画面Inventoryタブ配下、Memory を選択

   Overall status,Operability等 ステータスを確認

 

【お客様作業】

2. OSをブートさせる 
(Equipment > Chassis > Chassis X > Servers > Server X
 右画面 Action項目内 Boot Server をクリック、確認画面で OK をする)

 

3. OSレベルの動作確認を実施

コメント

交換作業前にカタログを最新のものにしておいてください。

カタログが古いままだと交換後のメモリモジュールが認識されないことがあります。

詳細は以下のドキュメントをご参照ください。

UCS Manager:Capability Catalogについて

Capability Catalog 適用後のFRUの認識について

PIDとVendor Part Number の関連性、及びCapability Catalog について

以上、よろしくお願い申し上げます。

5007
閲覧回数
15
いいね!
1
コメント