シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS B-Series Software Bundleのネーミングルールについて

UCS B-Series Software Bundleは M.M(mB)のフォーマットでリリースされています。

M.M: メジャーリリースバージョン

    これが使用されるのは、メジャー フィーチャのリリースやアーキテクチャ上の変更の場合です。

m: メンテナンスリリースバージョン

B: 不具合修正リリースバージョン

例えば、2.2(1d)の場合には、以下のようになります。

2.2 = メジャーリリースバージョン

(1   = メンテナンスリリースバージョン

d)   =不具合修正リリースバージョン

 

UCS B-Series Software Bundleのダウンロード画面にSuggestedとして表示されたバージョンは「メジャーバージョン/リリース」毎で分けられたバージョンになります。

同一メジャーバージョン内でバージョンアップする際には、新しいメジャーバージョンをで追加された機能、修正をご考慮いただいた上で、

Suggestedに表示されているバージョンへ更新していただくことを推奨いたします。

また、下記のようにリリースデートはメジャーバージョンが2.1の方が最近の日付である場合がありますが、

例:

2.1(3c) : 24-APR-2014

2.2(1d) : 10-APR-2014

シスコでは、最新のメジャーバージョン以外のバージョンに対する修正なども行われている場合もあります。

それぞれがその同じ拡張機能をもつメジャーバージョンにおいての最新です。そして弊社としてはより多くの拡張機能を持つメジャーバージョンの最新をお使いいただくことを推奨致します。

 

100
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント