シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS Cシリーズ BIOS Recovery方法(C22,C24,C220,C240編)

UCS の BIOS が下記のメッセージを伴い破損して正常に起動できなくなった場合、 BIOS を復旧できる場合があります。

この方法は、C22,24,220,240等で利用可能です。

 

#if the BIOS BootBlock is corrupted, you might see the system get stuck on the following message:

 

Initializing and configuring memory/hardware
 

#If it is a non-BootBlock corruption, the following message is displayed:

 

****BIOS FLASH IMAGE CORRUPTED****
Flash a valid BIOS capsule file using CIMC WebGUI or CLI interface.
IF CIMC INTERFACE IS NOT AVAILABLE, FOLLOW THE STEPS MENTIONED BELOW.
1. Connect the USB stick with recovery.cap file in root folder.
2. Reset the host.
IF THESE STEPS DO NOT RECOVER THE BIOS
1. Power off the system.
2. Mount recovery jumper.
3. Connect the USB stick with recovery.cap file in root folder.
4. Power on the system.
Wait for a few seconds if already plugged in the USB stick.
REFER TO SYSTEM MANUAL FOR ANY ISSUES.

 

BIOS Recovery 後は、BIOS設定が初期化されます。

コンフィグのバックアップから設定を戻すか、マニュアルでBIOS設定を行う必要があります。

 

準備: BIOS と CIMC は version を合わせる必要があります。

利用している CIMC の version の HUU に含まれる BIOS Recovery file(recovery.cap) をHUUのiso imageより取り出し、USBメモリにコピーします。

 

recovery.cap は HUU の iso の \{platform_version.ZIP}\bios\recovery の中にあります。

-----------------------------------------------------------------------------------------
Note: The recovery.cap file must be in the root directory of the USB thumb drive. Do not rename this file. The USB thumb drive must be formatted with either FAT16 or FAT32 file systems.
-----------------------------------------------------------------------------------------

 

手順は1と2に分かれており、手順1で復旧しなかった場合に手順2を実施します。

[手順1: recovery.cap を使用する方法]

 

Step1: recovery.capをコピーしたUSBメモリをサーバーに取り付けます。

Step2: サーバーを再起動します。

Step3: BIOSがrecovery.capをファイルを検知すると下記のようなメッセージが出ます。

 

Found a valid recovery file...Transferring to CIMC

System would flash the BIOS image now...

System would restart with recovered image after a few seconds...

 

Step4:  BIOSアップデートが完了したら、USBメモリを抜きます。

 

[手順2 recovery jumper と recovery.capを使用する方法]

 

Step1: recovery.capをコピーしたUSBメモリをサーバーに取り付けます。

Step2: サーバーをパワーオフして、電源コード等を抜きます。

Step3: サーバーのトップカバーを開きます。

Step4: J41(図中①)の1と2のピンに挿入されているjumperブロックを2と3のピンに挿入します。

 

jumper1.jpg

jumper2.jpg

 

Step5: サーバーの電源コードを繋ぎます。

Step6: recovery.capをコピーしたUSBメモリをサーバーに取り付けます。

Step7: サーバー前面のパワーボタンを押してBIOSがrecovery.capをファイルを検知すると下記のようなメッセージが出ます。

 

Found a valid recovery file...Transferring to CIMC

System would flash the BIOS image now...

System would restart with recovered image after a few seconds...

 

Step8: BIOSアップデートが完了したら、USBメモリを抜きます。

Step9: サーバーの起動が完了したら、再度サーバーをパワーオフして電源コード等を抜きます。

Step10: J41の2と3のピンに挿入されているjumperブロックの1と2のピンに戻します。

Step11: サーバーのトップカバーや電源コードを戻し、パワーボタンを押してサーバーを起動させます。

671
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント