キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS Cシリーズ BIOS Recovery方法(CIMC編)

UCS の BIOS が何らかの理由で破損し、正常に起動できなくなった場合、CIMC から BIOS を復旧できる場合があります。

この方法は、C200,210,250,260,460 で利用することが出来ますが、C22,24,220,240等では利用することは出来ません。

BIOS Recovery 後は、BIOS設定が初期化されるので、コンフィグのバックアップから設定を戻すか、マニュアルでBIOS設定を行う必要があります。

準備: BIOS と CIMC は version を合わせる必要があります。利用している CIMC の version の HUU に含まれる BIOS Recovery image(recovery.iso) をHUU の iso image より取り出し、CIMC にアクセスする PC にコピーします。

recovery.iso は HUU の iso の \{platform_version.ZIP}\bios\recovery の中にあります。

recovery-ios.png

Step1: CIMC で Server Tab -> BIOS -> Recovery Corrupt BIOS の順にクリックし、ポップアップしたウインドでNext を選択します。

step1.png

Step2:   KVM console を起動して、Next を選択します。

step2.jpg

Step3:   電源が入っている場合は、Power off Server で停止し、Next を選択します。

step3.jpg

Step4:  KVM の Virtual Media で recovery.iso をマップし、ポップアップしたウインドでNext を選択します。

kvm.jpg

step4.jpg

Step5:  Status が 100% になるのを待ち、Next を選択します。

step5.jpg

Step6:  最後に Powr Cycle で再起動し、完了です。

step6.jpg

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-22-2013 06:36 PM
更新者: