キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS Cシリーズ]MSMを使用したMegaRAID管理、及び手動Copy back について

 【イントロダクション】

UCS CシリーズにおいてGlobal Hot Spare(GHS)を使用している構成でVirtual Drive (VD) を形成する物理ディスク(PD = Physical Drive)1台故障した場合、リビルドが走り故障したPDの代わりにGHSと定義されているPD1台がVDに組み込まれます。

故障したPDを交換すると、VDに組み込まれたPDから交換したPDCopy Back(CB)が走り、CB完了後、故障前の状態に戻ります。

以下の例は、故障したDisk3を交換した際の動きとなります。

 

しかしながら、極稀にCBが自動的に走らない場合があります。

そのような場合、MegaRAID Storage Manager (MSM) を導入することで、容易に手動CBさせることが可能です。以下に、MSMの導入、及び手動CBの手順を示します。

 

【注】

MSMは、Windowsバージョン, RedhatバージョンのMSM, 管理PC、管理対象サーバにインストールし、管理PCで集中管理できますが、今回紹介する例は、Windows Server 2012 が動作しているMSM管理対象サーバにMSMをLocalオプションでインストールをしております

ESXiホストで動作するMegaRAIDコントローラのMSMの管理については、以下のURLをご参照ください。

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2004166

 

 

【例題の構成】

<オリジナルの構成>

VD0: Disk1 ~ 7 (RAID6)

GHS: Disk8 ~ 11

Disk5failし、Disk10にRebuildした。

Disk5を交換したが、CB が走らず、Unconfigured Good のステータスになった。

<Disk5交換後の構成>

VD0: Disk1~4, 6, 7, 10

GHS: Disk8, 9, 11

Unconfigured Good: Disk5

 

 インストール

(1) MSMインストーラーをAVAGO社のサイトからダウンロード

http://www.lsi.com/support/pages/download-results.aspx?keyword=megaraid%20storage%20manager

 

 

 

(2) zipを解凍し、Disk1フォルダの中のsetup.exe をダブルクリック

 

(3) Custom installation => Local を選択し、Nextを押していき、インストールを完了させる。

 

 

 Copy back の実行

(4) OSアカウントでログイン。

 

(5) Logicalタブで、Disk10VD0に組み込まれ、Disk5Unconfigured Good のままになっていることを確認。Copy元のDisk10で右クリック→Replace Drive を選択。

 

(6) Copy先のDisk5を選択し、OKボタンを押す。

 

 

(7) Dashboardタブ配下のBackground Operations で、CB の進捗状況を確認

 

(8) CB完了後、Disk5VD0に戻り、Dsik10GHSに戻ったことを確認

(他のGHS Disk の頭に付いているアイコンは、Diskがパワーセーブモードになっていることを表しており、Disk1030分経過するとパワーセーブモードに移行します)

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎05-20-2015 05:00 PM
更新者: