シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS Cシリーズ - TPMの設定方法

1. TPMをマザーボード上に搭載します。

 

2. サーバ起動時に"F2"を押下し、BIOS設定画面に移ります。

 

Picture1.png

 

 

3. BIOSのAdministratorパスワードを設定します。

 

Picture2.png

 

 

4. TPMを設定可能な状態にします。

 

Picture3.png

 

 

5. "F10"で変更を保存して、一旦サーバを再起動します。すると、TPMを有効・無効にするパラメータが表示されるので、有効にします。

 

Picture4.png

 

 

6. "F10"で再起動すると、設定の変更が反映され、TPMが有効になります。

 

Picture5.png

 

 

7. TPMの設定は以上で完了です。さらにIntel TXTを有効にしたい場合は、TXT Supportを有効にします。

 

Picture6.png

 

 

8. Intel TXTを有効にするには、TPMだけでなく、Intel VTとIntel VT-dも有効にしておく必要があります。

 

Picture7.png

 

 

もし有効になっていない場合は、以下のメニューから有効にします。

 

 

Picture8.png

 

 

※UCS C220M3、CIMC 1.5(3d)を元に作成されています。

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
654
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント