シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS C] C220M4 - SuperCap 交換手順

[交換時の注意点]

  • UCSC-MRAID12G の SuperCap の交換には、UCSC-MRAID-SC= をオーダーします。

 

[作業前確認]

  - FE 作業

    1. CIMC の [Server] タブで [Faults and Logs] メニューを選択し、右画面の [Fault Summary] を確認して、Fault の有無を確認します。

image.png
 

    2. CIMC の [Storage] タブで RAID Controller を選択し、右画面の [Battery Backup Unit] で Health と Status の現状を確認しておきます。

 image.png

 

 

[作業手順 - 取り外し]

  - お客様作業 (FE 作業前)

    1. OS をシャットダウンしてください。

    2. 作業対象特定のために、CIMC の以下のメニューでLocator LEDを点灯してください。

image.png
 
 

  - FE 作業

    1. 作業対象の C220M4 に接続されている電源ケーブルにラベリングを行い、元に戻せる状態にしてから電源ケーブルを抜きます。

    2. サーバをラックから引き出してください。

ネットワークケーブルなども抜かなければ、サーバをラックから引き出せない場合は、その他ケーブル類にもラベリングを行ってから抜いてください。

    3. シャーシの天板を外します。

以下の図を参考に③のロックを開放し、そのままラッチを引き上げ、サーバーのトップカバーをはずします。
image.png

 

 

    4. 交換対象の SuperCap を確認します。

image.png

 

    5. コネクタを切り離します。

image.png

 

    6. ストッパーを左に開いて、バーを上方に開きます。

image.png

 

    7. SuperCap を交換します。その後、ケーブルを元通りに接続します。

image.png

 

    8. 天板を元に戻し、サーバをラックに戻します。

    9. 電源ケーブル、ネットワークケーブルを元通りに接続します。

 

[作業後確認]

  - お客様作業

    システムが正常に起動することを確認します。
 

  - FE 作業

    1. CIMC の [Server] タブで [Faults and Logs] メニューを選択し、右画面の [Fault Summary] を確認して、交換作業前と比べて、新しく Fault が発生していないことを確認します。

    SuperCap 交換直後は、充電が完了するまで以下の Fault が発生することがあります。

[F0997][minor][equipment-degraded][sys/rack-unit-1/board/storage-SAS-SLOT-x/raid-battery] Storage Raid Battery SLOT-x Degraded: please check the battery or the storage controller

    2. CIMC の [Storage] タブで RAID Controller を選択し、右画面の [Battery Backup Unit] で Health は Good、Status は Optimal になっていることを確認します。

182
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント