キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS C] C240M4のマザーボードとシャーシの交換手順

■作業前

【パーツ手配時の注意点】

- TPMの手配について

TPMを搭載しているか否かを以下の記事を参照に確認し、必要であれば手配します。

https://supportforums.cisco.com/ja/document/13141341

 

- ChassisPIDの選定について

C240M4には以下の4つのシャーシタイプがありますので、適切なPIDをオーダーします。

マザーボードとシャーシがセットで届きます。シャーシからマザーボードを取り外さず、そのままシャーシごとマザーボードを交換します。

Chassis (PID)

Description

UCSC-C240-M4L=

UCS C240 M4 LFF 12 HD w/o CPU,mem,HD,PCIe,PS,rail w/expdr

UCSC-C240-M4S2=

UCS C240 M4 SFF 16 HD w/o CPU,mem,HD,PCIe,PS,rail w/expndr

UCSC-C240-M4S=

UCS C240 M4 SFF 8 HD w/o expdr,CPU,mem,HD,PCIe,PS,railkt

UCSC-C240-M4SX=

UCS C240 M4 SFF 24 HD w/o CPU,mem,HD,PCIe,PS,rail w/expndr

 

- CPU交換に必要なツールの選定について

CPUを載せ替えるため、以下のツールをオーダーします。

 Heat sink cleaning kit (PID: UCSX-HSCK=)

 Thermal grease kit (PID: UCS-CPU-GREASE3= [白いキャップ])

 

[作業前確認]

- FE作業

1. CIMCの[Server]タブで[Faults and Logs]メニューを選択し、右画面の[Fault Summary]を確認して、発生しているFaultを確認します。こちらのFaultについては後に確認しますので念のためメモしておいて下さい。

[作業手順]

- お客様作業 (FE 作業前)

1. 該当サーバのOSをシャットダウンし、電源をoffにします。

2. 作業対象特定のために、以下のメニューでLocator LEDを点灯してください。

3. CIMC の設定を必要に応じて下記ページご参照の上バックアップを取得します。

  - CIMCの設定のバックアップとリストア方法

    https://supportforums.cisco.com/ja/document/11937806

4. CIMC の画面から、[Admin] タブ配下にある [Network] から以下の情報を

    控えていただき、作業員にお伝えいただきます。

 

    <確認項目>

      NIC mode:

      CIMC IP:

      Prefix/Subnet:

      Gateway:

      NIC redundancy:

      Port Properties:

      VLAN Properties:

 

- FE 作業

1. 取り外す電源ケーブル, その他のケーブル(ネットワーク, FC, Twinax 等)を、作業後に確実に戻せるよう、ラベリングします。

2. サーバ電源が off であることを確認し、電源ケーブルと必要であればその他のケーブルをサーバから抜きます。

3. サーバ前面の左右のラッチを開き、スライドレールに沿ってサーバをラックの前面に引き出します。