キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS C] C3160/3260 RAID Controller 交換手順

本ドキュメントでは C3160 サーバーノード内の以下のRAIDカードの交換方法について説明します。

UCSC-C3X60-R4GB

UCSC-C3X60-R1GB

 

[交換に必要なツール、事前準備]

各種ドライバ工具

お客様のバージョンにあったHUU (Host Upgrade Utility) を作業用PCにダウンロードしておく

 

 

[作業手順]

- お客様作業 (FE 作業前)

1. Server Node 上に搭載されている OS をシャットダウンします。

 

 

- FE 作業

RAIDコントローラーカードの取り外し>

1. 背面の電源ケーブルを抜きます。この際電源ケーブルを元の位置に戻せるようにラベリングしてください。

2. シャーシ後方から Server Node の両側にあるレバーを掴み、左右に力を入れ、Server Node をシャーシから押し出します。

 

3. 押し出された Server Node を水平方向にシャーシから引き出します。

 

4. 天板にあるラッチを水平方向から垂直方向に持ち上げ、反時計回りに回してから、天板をレバーのある側にスライドさせます。

 

5. 交換するRAIDカードの位置を確認し、カードを取り外します。

6. ①と②のネジをドライバで取り外し、③のヒートシンクを取り外します。

 

7. カードの両端を持ち、メザニンソケットからカードを取り外します。

 

RAIDコントローラーカードの取り付け>

交換用パーツには以下の2つのパーツが付属してます。

- RAIDカード本体(Flashモジュールとバッテリーが接続済み)

- ヒートシンク(下面に保護カバーがついています)

 

1. RAIDカード本体を、メザニンソケットに挿入します。上図①のネジをしめます。

 

2. 交換用部品のヒートシンクの下面の保護カバーを取り外し、RAIDカードに設置します。②のネジをしめます。

 

3. サーバーノードの天板カバー閉めたあと、サーバーノードを設置します。

 

 

RAID情報のインポートとファームウェアの設定>

1. 電源ケーブルを接続されていた元のPSUに接続します。 電源をONにし、CIMCKVMコンソール等からコンソール画面を開きます。

 

2. コンソール画面を確認し、RAID情報が正常にインポートされているかどうかを確認します。

以下のメッセージが出力されたら正常にRAID情報がインポートされております。 ここでいう X は元々構成されていた Virtual Drive/JBOD の個数となります。

 

X Virtual Drive(s) found on host adapter.

X JBOD(s) found on the host adapter

 

3. 以下のドキュメントを参考に、交換したRAIDカードのファームウェアを実施します。

- Host Upgrade Utilityを使用したFirmwareのアップグレード
https://supportforums.cisco.com/ja/document/12067321

 

具体的にはHUU起動後、3108-8i の項目の Current Version Update Version を確認します。

異なる場合には、その項目にチェックを入れ、Update を実施します。

同じ場合には、ファームウェアのアップデートは必要ありませんので、そのまま Exit HUUを終了します。

 

 

<作業後の確認手順>

1. CIMC にログインし、Server タブ -> Storage Adapters タブを選択し、Health Good である事を確認します。

 

- お客様作業 (FE 作業後)

1. OSを起動し、動作に問題ないことを確認します。

 

[参考資料]

- Cisco UCS C3160 Server Installation and Service Guide

http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/unified_computing/ucs/c/hw/C3160/install/C3160/replace.html

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎12-16-2015 02:31 PM
更新者:
 
タグ(1)