シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS C] C3160 HDD交換後 Hot spareに設定する方法

本ドキュメントでは UCS C3160 のHot spareに設定されていた HDD の交換後に再度 Hot spare に設定する手順をご説明いたします。 

*詳細なHDD 交換手順は以下のドキュメントをご参照ください。

[UCS C] UCS C3160 Internal HDD/SSD 交換手順
https://supportforums.cisco.com/ja/document/12717586
[UCS C] Optional HDD 交換手順
https://supportforums.cisco.com/ja/document/12752876

C3160 においてHot spareに設定されていた HDD の交換後は再度手動で設定する必要があります。

*この問題はBug ID:CSCvb80968 として登録されています。

手順概要:

1.HDD 交換後、新規 HDD が JBOD ステイタスになります。
2.CIMC から JBOD の HDD を "unconfigure-good" に設定します。
3.Hot spare に設定します。

詳細手順(新規HDD挿入後):

1.CIMC の Storage タブ→ Physical Drive Info タブ から該当の HDD を選択します。

2.画面下部の Status のLocator LEDの "Turn On" LED をクリックし LEDを点灯させ、選択した HDD が正しいものかを物理的に確認します。

3.画面下部の Actions の "Set State as Unconfigured Good" を選択します。

4.Warningのダイアログが表示されるので問題ない場合は OK を押下します。

5.HDD が "Unconfigured Good" になったことを確認します。

6.該当のHDDを選択した状態で画面下部のActionsタブから"Make Global Hot Spare" もしくは "Make Dedicated Hot Spare" のいずれかを選択します。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-17-2016 01:05 PM
更新者: