キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS C] C460M4 PCIeライザー交換手順

本ドキュメントでは UCS C460 M4 の PCIeライザー 交換手順についてご説明いたします。

[交換対象パーツ]
搭載されているPCIeライザーのPIDは「UCSC-PCIE-RSR-05=」です。
※サーバには、同一PIDのPCIeライザーが2個搭載されています。


[作業前確認]
- FE作業
 1. CIMCの[Server]タブで[Faults and Logs]メニューを選択し、右画面の[Fault Summary]を確認して、発生しているFaultを確認します。こちらのFaultについては後に確認しますので念のためメモしておいて下さい。
  


[作業手順]
- お客様作業 (FE 作業前)
 1. 該当サーバのOSをシャットダウンし、電源をoffにします。
 2. 作業対象特定のために、CIMCの以下のメニューでLocator LEDを点灯してください。
  


- FE 作業
 1. 取り外す電源ケーブル, その他のケーブル(ネットワーク, FC, Twinax 等)を、
   作業後に確実に戻せるよう、ラベリングします。

 2. サーバ電源が off であることを確認し、電源ケーブルと必要であればその他のケーブルをサーバから抜きます。

 3. サーバ前面の左右のラッチを開き、スライドレールに沿ってサーバをラックの前面に引き出します。
  

 4. 以下の図を参考にロックを開放し、そのままラッチを引き上げ、サーバのトップカバーを取り外します。
  

 5. 交換対象のPCIeライザーをその両端を持って垂直に引き上げ取り外します。
   PCIeライザーは、青いプラスティックのラッチレバーを垂直になるよう上に持ち上げると、
   マザーボード上のスロットより外れます。
 <PCIeライザー配置図(上面)>