キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS C] CMOSバッテリー on SIOC交換手順

[交換時の注意点]

  • 交換するCMOSバッテリータイプはCR1632となり、型番は N20-MBLIBAT16= です。
    サーバノード上のCMOSバッテリー(CR2032)とは異なります。
  • CMCはFirmwareを2つ保持していて、どちらで起動させるのかをCMOSバッテリーで記憶しています。このため、CMOSバッテリーを交換すると、交換前とは異なるFirmwareで起動してくることがあります

 

[作業前確認]

  - FE 作業

    1. CIMCの[Server]タブで[Faults and Logs]メニューを選択し、右画面の[Fault Summary]を確認して、発生しているFaultを確認します。

fault-summary
 

    2. [Admin] タブ配下にある [Firmware Management] で CMC のバージョンを確認します。



※ 現状(CIMC 2.0(8))、SIOCのCMOSバッテリーのステータスを確認することはできませんが、将来的に確認できるようになる予定です。

 

[作業手順]

  - お客様作業 (FE 作業前)

    1. OS をシャットダウンしてください。

    2. 作業対象特定のために、以下のメニューでLocator LEDを点灯してください。

locatorled-3160

 

locatorled-3160-1

 

locatorled-3160-2

 


  - FE 作業

    1. 交換対象のSIOC に接続されているケーブルと、シャーシの電源ケーブルにラベリングを行い、元に戻せる状態にしてからケーブルを抜きます。

    2. SIOC をシャーシから引き出します。左がSIOC1で右がSIOC2です。



    3. SIOC の天板を外します。

    4. CMOS バッテリーを交換します。


    5. SIOC に天板を戻し、シャーシに搭載します。

    6. SIOC のケーブルを元に戻し、シャーシに電源ケーブルを繋ぎます。

    7. 数分後に CIMC にアクセスしてCMCのバージョンも確認します。

    8. CMCのRunning VersionとBackup Versionが入れ替わっている場合は、以下の方法で元に戻します。

    8-1. Activate CMC Firmwareをクリックします。


    8-2. 変更対象のSIOCとFirmwareを選択してActivateします。
          SIOC1 = CMC-1、SIOC2 = CMC-2 になります。
          SIOC1のFirmwareを変更する場合は、数分CIMCにアクセスできなくなります。


    8-3. Running Versionが元通りになったことを確認します。


 

[作業後確認]

  - お客様作業

    システムが正常に起動することを確認します。
 

  - FE 作業

    CIMCの[Server]タブで[Faults and Logs]メニューを選択し、右画面の[Fault Summary]を確認して、新しくFaultが発生していないことを確認します。

 

[参考資料]

Cisco UCS C3160 Server Installation and Service Guide - Maintaining the Server
  http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/unified_computing/ucs/c/hw/C3160/install/C3160/replace.html

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎12-14-2015 09:20 AM
更新者:
 
タグ(1)