キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS C] Power Supply Unit (PSU) の交換方法

[交換時の注意点]

  • 以下の場合、PSU はホットスワップ可能です。OS をシャットダウンする必要はありません。
    • C220M3, C240M3, C220M4, C240M4 - PSU 2台で電源供給している場合。
    • C460M4 - PSU 4台で電源供給している場合。

 

[作業前確認]

  - FE 作業

  1. CIMC の [Server] タブで [Faults and Logs] メニューを選択し、右画面の [Fault Summary] を確認して、Fault の有無を確認します。

    fault-summary

 

[作業手順 - 取り外し]

  - お客様作業 (FE 作業前)

  1. (PSU が冗長構成になっていない場合)OS をシャットダウンしてください。
  2. 作業対象特定のために、CIMC の以下のメニューでLocator LEDを点灯してください。cimc-locator1
 

  - FE 作業

  1. 交換対象の PSU を確認します。
    [C220M3]

     
    [C240M3]

     
    [C220M4]

     
    [C240M4]

     
    [C460M4]

     
  2. PSUを複数交換するような場合は、交換対象のPSUに接続されている電源ケーブルにラベリングを行い、元に戻せる状態にしてから電源ケーブルを抜きます。
    交換しないPSUの電源ケーブルは抜かないように注意します。
  3. 緑色のリリースレバーをハンドル側に寄せて、PSU を引き出します。