キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS C-Series HUU によるアップグレード方法 (CIMC version 2.0.x)

HUU (Host Upgrade Utility) を用いて UCS C-Series サーバーファームウェアのアップグレードを行う方法について紹介します。
 
このドキュメントではHUUを用いて ファームウェア 2.0.x から 2.0.y へのアップグレード方法をご紹介します。
 

UCS C-Series ではCIMCから起動できるKVMコンソールを使用してHUUによるアップグレードを行います。

 

【準備】

アップグレードを行う前にダウンロードサイトよりHUUをダウンロードしておきます。

https://software.cisco.com/download/navigator.html?mdfid=282724491&i=rm

 

【CIMC KVM を用いたファームウェアアップグレード方法】

 
1.)  CIMCからKVMを起動
a) ISOイメージをローカルディレクトリーに保存します。
b) ブラウザを使用して、アップグレードするサーバ上の CIMC GUI ソフトウェアに接続します。
c) ブラウザのアドレス フィールドにサーバの CIMC IP アドレスを入力し、次にユーザ名とパスワードを入力します。
d) ツールバー上の [Launch KVM Console] をクリックして、KVM コンソールを起動します。

 

 

e) KVM コンソール上で、Virtual Media -> Activate Virtual Devices を選択

 

 

f) 続けて Map CD/DVD を選択し、ローカルの iso ファイルをマウント

 

 

g) 選択した iso ファイルが CD/DVD にマップされている事を確認

 

2.) 起動デバイスの変更

サーバーを再起動し、KVMコンソール上でブート中に F6 を教えて boot menu を表示します。

 

ブートメニューから iso イメージがマウントされている Cisco vKVM-Mapped vDVD を選択します。

 

3.) HUU の起動

HUUを起動することで、サーバーのコンポーネントのチェックと必要なファームウェアの展開を行います。この動作は暫く時間がかかります。

 

HUU をブートすると、Cisco End User License Agreement(EULA)が表示されるので、

EULA を読み、[I Agree] をクリックしてライセンス契約書に同意し、更新を進めます。

EULA に同意すると、[Cisco Host Upgrade Utility] ウィンドウが表示され、更新が利用可能な全てのコンポーネントのリストが表示されます。

 

 

4.) ファームウェアのアップグレード

リストされた項目で対象のコンポーネントを選択し、[Update]をクリックします。

リストされたすべてのコンポーネントを更新する場合は、[Update all] をクリックします。

特に理由がなければには [ Update all ] を実行するようにして下さい。

 

確認メッセージが表示されますので、[Yes]を選択してください。アップグレードが開始されます。

アップグレードが開始されるとステータスが[Update Status]カラムに表示されます。
各ステータスの意味は以下となります。
- SCHEDULED
アップグレードがスケジュールされれている状態です。
- IN PROGRESS
現在アップグレードを実施中です。
- PASS
アップグレードが完了しています。
- SKIPPED
アップグレード対象ではないためアップグレードが実施されませんでした。
Current Version と Update Version が同じ場合にこのステータスになります。

 

 

 

確認メッセージが表示されますので、[Yes]を選択してください。アップグレードが開始されます。
 

Firmwareのアップグレード中は[Execution Logs]セクションに、関連する一連のアクティビティとステータスの詳細なログが表示されます。

[Update Status]カラムに[PASS]もしくは[SKIPPED]が表示されればアップグレードは完了です。

 

Exit を選択し、確認画面でYesを選択する事で、CIMCが再起動し、各ファームウェアがアクティブ化されます。

 

 

この際、KVM画面は切断されます。またCIMCも切断されるので10分ほど待った後、再度ログインし直すようにして下さい。

 

CIMC再ログイン後、Firmware Management から CIMC 及び BIOS のRunning Version がアップグレード先のバージョンと一致する事を確認してください。