シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

UCS C-Series HUU によるアップグレード方法 (CIMC version 3.0.x)

HUU (Host Upgrade Utility) を用いて UCS C-Series サーバーファームウェアのアップグレードを行う方法について紹介します。
 
このドキュメントではHUUを用いて Cisco IMC (CIMC) ファームウェア 2.0(X) から  3.X へのアップグレード方法をご紹介します。
 

UCS C-Series ではCIMCから起動できるKVMコンソールを使用してHUUによるアップグレードを行います。

【前提条件】

CIMC 3.X へのアップグレードは CIMC 2.X の全てのバージョンからアップグレードが可能です。CIMC 1.X から CIMC 3.X へのアップグレードはサポートされておりませんので、CIMC 1.X をお使いの際には、一旦 2.X へのアップグレードを実施の上、CIMC 3.X へのアップグレードを実施して下さい。

【準備】

アップグレードを行う前にダウンロードサイトよりHUUをダウンロードしておきます。

https://software.cisco.com/download/navigator.html?mdfid=282724491&i=rm

【CIMC KVM コンソールを用いたファームウェアアップグレード方法】

  1. CIMCからKVMを起動
    1-1) ISOイメージをローカルディレクトリーに保存します。

    1-2) ブラウザを使用して、アップグレードするサーバ上の CIMC GUI ソフトウェアに接続します。

    1-3) ブラウザのアドレス フィールドにサーバの CIMC IP アドレスを入力し、次にユーザ名とパスワードを入力します。

    1-4) ツールバー上の [Launch KVM Console] をクリックして、KVM コンソールを起動します。


    1-5) KVM コンソールの Virtual Media タブをクリックし、Accept this session を選択


    1-6) Add Image を実行しローカルディスクに保存済みの HUU の iso ファイルを選択


    1-7) Mapped にチェックをつけ、KVMタブに移動



  2. HUUの起動
    2-1) サーバーを再起動し、KVMコンソール上でブート中に F6 (Boot Menu) を押し、boot menu を表示する。


    2-2) ブートメニューから iso イメージがマウントされている Cisco vKVM-Mapped vDVD を選択


    2-3) HUU が起動する

    HUU 起動時に、ファームウェアの展開及びサーバーに搭載されているコンポーネントのチェックを行うため、HUU が起動するまで暫く時間がかかります。

    2-4) HUU をブートすると、Cisco End User License Agreement(EULA)が表示されるので[I Agree] をクリックしてライセンス契約書に同意する。


  3.  ファームウェアのアップグレード

サーバー全体のファームウェアを更新する際には、必ず Update All を選択し、搭載されている全てのコンポーネントのファームウェアを更新します。個別にファームウェアをアップグレードすると(例:BIOSのみアップグレードする)、サーバーが起動しなくなる可能性があるため注意して下さい。

サーバーの部品を交換した直後については、必要なコンポーネントにのみチェックをつけて個別にファームウェアをアップグレードしてください(例:RAIDカードの交換を実施した場合には、HUU で RAID カードのみチェックをつけてファームウェアのアップグレードを行う)。

ファームウェアアップグレード中は CIMC 及びサーバー本体の再起動が発生します。これに伴い、以下の事象が発生しますが、これは期待通りの動作となります。

- KVM コンソールが切断される

- CIMC がダウンし、再度Web画面にログインする必要がある