キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS C] UCS C3160 Server Node 交換手順

[作業手順]

  - お客様作業 (FE 作業前)

    1. Server Node 上に搭載されている OS のシャットダウンし、元の状態に
       戻せるようにラベリングを実施の上、電源コードを抜きます。

    2. CIMC の設定を必要に応じて下記ページご参照の上バックアップを取得。

      - CIMCの設定のバックアップとリストア方法
        https://supportforums.cisco.com/ja/document/11937806

    3. CIMC の画面から、[Admin] タブ配下にある [Network] から以下の情報を
       控えていただき、作業員にお伝えいただきます。

      <確認項目>
        NIC mode:
        CIMC IP:
        Prefix/Subnet:
        Gateway:
        NIC redundancy:
        Port Properties:
      </>

  - FE 作業

    1. 機器の電源が off であることを確認し、シャーシ後方から Server Node の
       両側にあるレバーを掴み、左右に力を入れ、Server Node を
       シャーシから押し出します。

       <図例>



    2. 押し出された Server Node を水平方向にシャーシから引き出します。

    3. 天板にあるラッチを水平方向から垂直方向に持ち上げ、
       反時計回りに回してから、天板をレバーのある側に
       スライドさせます。

       <図例>



    4. Server Node から、装着されてある下記の FRU を外します。

      4.1. RAID Controller BBU / SuperCap
      4.2. Memory DIMM
      4.3. Heatsink / CPU (*1)

      *1) CPU 及びヒートシンクを取り外した後、付着したサーマルグリースは
          グリースリムーバーを使用して入念に拭き取って下さい。
         
          交換用ブレードに装着する際、CPUのピンにグリースが
          付着していないことを確認して下さい。
         
          ピンにグリースが付着していると、CPUが認識されず、サーバが
          起動出来ない原因となります。詳しい情報は下記弊社資料を
          ご参照ください。

          - UCS CPU サーマルグリースの除去と塗布
            https://supportforums.cisco.com/ja/document/12327486

    5. 備品 Server Node の天板を外し、[4.] にて外した FRU を装着します。

    6. 備品 Server Node に天板を戻します。

    7. FRU 装着完了の備品 Server Node をシャーシに戻します。

    8. 電源ボタンを押し、Server Node を起動します。

    9. BIOS 画面に入り、BIOS の設定を戻します。
        BIOS の設定方法については、下記の弊社資料をご参照ください。

        - [UCS] UCS C-Series サーバーの BIOS 設定方法について
          https://supportforums.cisco.com/ja/document/12388141

    10. CIMC の設定画面にて、お客様から下記の情報をいただき、それぞれの
        項目を設定します。

      <設定項目>
        NIC mode:
        CIMC IP:
        Prefix/Subnet:
        Gateway:
        NIC redundancy:
        Port Properties:
      </>

        CIMC の初期設定については、下記の弊社資料をご参照ください。
      
        - [UCS] UCS C-Series サーバーのCIMC初期設定方法について

          https://supportforums.cisco.com/ja/document/12397276

    11. CIMC へのアクセスが可能であることを確認します。

    12. CIMC の画面にて、ハードウェアの異常が無いことを確認します。

    13. 下記のページを参照の上、BIOS / CIMC のバージョン合わせを実施します。

        - Host Upgrade Utilityを使用したFirmwareのアップグレード
          https://supportforums.cisco.com/ja/document/12067321

  - お客様作業 (FE 作業後)

    1. CIMC の設定を必要に応じて下記ページご参照の上
       バックアップからリストアします。

      - CIMCの設定のバックアップとリストア方法
        https://supportforums.cisco.com/ja/document/11937806

    2. OS が正常に起動することを確認します。

[参考資料]

  - Cisco UCS C3160 Server Installation and Service Guide
    http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/unified_computing/ucs/c/hw/C3160/install/C3160.html

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎11-19-2015 06:52 PM
更新者:
 
タグ(1)