シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS : Cisco TACへSRオープンする前に

お客様のUCSで障害が発生し、Cisco TACにSRをオープンいただく際、以下の情報を

予めご準備いただけますと、SR対応がスムーズに行えますため、ご協力をお願いいたします。

 

 

◆障害状況の把握◆

 

1. どのような事象が発生しているか。(エラーメッセージ、事象発生箇所、確認された状況)

 

2. いつ発生したか

     ・日時

     ・発生は一回か、複数回か

     ・対象システムの時刻と実際の時刻に差異はあるか、NTPで同期しているか

       ※ログ調査にあたり、重要なポイントです。実際の時間と機器の時間に差異が

       ある場合はその違いをご連絡ください。

 

3. 現在も事象は発生しているか、収束しているか

   収束している場合、なにをきっかけとして収束したか

 

4. 発生当時/現在の業務影響の有無(有りの場合、どのような影響がでているかを具体的に)

 

5. 事象発生前後での変化点の有無(構成変更、Upgrade等)

 

6. 事象発生以降何らかのアクションや切り分けを実施した場合、その内容と結果

 

 

◆ログ/情報収集◆

 

※必須※ テクニカルサポートデータ

    UCSのテクニカルサポートデータは、UCSの事象把握のため有益な情報を保持している

    ため、トラブルシュートにおいて非常に重要なログです。

    取得方法は、お問い合わせの対象機種により異なります。

    対象機器のサポートログを、事象発生から出来るだけ早いタイミングで取得してください。

 

  • B-Series

UCS Manager technical support data(UCS Managerと対象Chassisのもの)

https://supportforums.cisco.com/ja/document/65196

 

  • C-Series

CIMC technical support data (対象サーバーのもの)

https://supportforums.cisco.com/ja/document/95446

 

 

また、発生事象によって、Nexus、MDS等の関連のある上位スイッチのログや

ネットワーク構成図、関連するOSのログを依頼させていただく場合もあります。

その際はご協力お願いいたします。

 

  • ネットワーク構成図

UCS構成内で完結する事象出ない場合には、事象に関連する機器を含む構成図を

必要とする場合があります。

 

 

  #参考#

    UCS : トラブルシューティング時の各種ログ・情報の取得方法

https://supportforums.cisco.com/ja/document/145156

 

上記UCSのテクニカルサポートデータの取得方法に加え、CIMC確認ポイント、

LSI MegaRAID、MDS、Nexusからの情報収集方法を紹介しています。

 

 

◆その他◆

 

   TACでは、事象内容によりWebExを使用したトラブルシューティングを依頼する

   場合があります。お客様環境へのWebExによる遠隔サポートの可否も、

   可能であれば事前にご確認ください。

 

   参考:UCS : WebEx Meetingを使用したTACサポート 手順

         https://supportforums.cisco.com/ja/document/143416

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-30-2013 11:29 PM
更新者: