シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS Manager GUIでのcore fileの取得方法

UCS ManagerのプロセスがCrashすると、Coreが作成されます。

◆Core Fileの確認方法

作成されたCoreのリストは、GUI画面上 以下の場所で確認することができます。

Admin tab配下 All → Faults, Events and Audit Log → Core Files

core1.JPG

◆Core Fileの取り出し方法

Core Fileの取り出し方法は2種類あります。

①UCS Managerを起動しているクライアント上にDownaloadする。

Core Fileの確認方法の画面で、取り出したいCore fileをクリックしハイライトし、

右クリックを押します。

core2.JPG

Download Core Fileを選択しますと、以下のウィンドウが開きます。

ダウンロード先を指定して、OKをクリックします。

core3.JPG

UCS Managerクライアント上指定ディレクトリ上にCore fileがダウンロードされていることを確認します。

②Core Exporterを使用して Core fileをエクスポートする。

こちらの方法を使う場合には、事前にCore Exporterの設定が必要です。

設定は以下の場所で行います。

Admin tab配下 All → Faults, Events and Audit Log → Setting

core4.JPG

Admin Stateとして2種類あります。

- enabled:すぐにExportを実施する場合に選択します。

- disabled:今はExporterの設定のみ行い、Exportは後で行う場合に選択します。

Port,Host name(TFTP ServerのIPアドレスかホスト名)と Pathを入力いただき、

右下Save Changesをクリックします。

TFTP Serverの指定Path上にCore fileがダウンロードされていることを確認します。

◆Core Fileの削除

ダウンロードが完了し、Fabric Interconnect上で保存が不要になったCore fileは

対象ファイルをクリックし、ハイライトし、ゴミ箱マークをクリック、もしくは 右クリックで

Deleteを実施して 削除していただけます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-23-2012 12:24 PM
更新者: