シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS] UCS Bシリーズ ファームウェアアップグレード手順(Infrastructure Firmware 編)

【はじめに】

本ドキュメントは、以下のドキュメントと併せてご確認ください。

UCS Bシリーズ ファームウェアアップグレード手順(Server Firmware 編)

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12401826

 

【イントロダクション】

本ドキュメントは、Bシリーズサーバのファームウェアアップグレード(Infrastructure Firmware)について纏めております。

インストール方法には、Firmware Manual-Install Firmware Auto-Install(2.1.x以降へのアップグレードから) がありますが、ここでは、全てのバージョンで可能なManual-Install(Upgrade) を説明します。

 

実際のアップグレード時の動画は、以下のリンクの動画の一部で紹介されております(英語)

https://www.youtube.com/watch?v=Kt_VxmJCTFE

 

続けてServer Firmware のアップグレードを計画されている場合は、以下のURLを参照してください。

UCS Bシリーズ ファームウェアアップグレード手順(Server Firmware 編)

https://supportforums.cisco.com/node/12401826

 

【各ファームウェアアップグレードの概要】

FIファームウェア, UCSMアップグレードイメージ図

IOMのファームウェアアップグレードイメージ図

 

End-Point component(Blade内コンポーネント)のアップグレードイメージ図

 

Manual-Installは、大きく分けて、以下の4段階の手順を実施します。

Equipment > Firmware Management の配下にアップグレードに使用するメニューボタンが存在します。

 

1.  [cisco.com からローカルPCへのファームウェアバンドルのダウンロード]

UCSMへアクセス可能なPCへ、バイナリ(拡張子bin)ファイルをダウンロード

https://software.cisco.com/download/navigator.html

 

 

2. [Download Firmware]

1PCにダウンロードしたファイルを、FIへダウンロード(ローカルPCからFIworkspaceへの転送)

 

3. [Update Firmware]

FIへダウンロードしたファイルをUpdate Firmwareで各コンポーネントのバックアップロケーションへコピーし、Update Status が全てReadyになるまで待つ

 

4. [Activate Firmware]

Update Firmware をし、backup version となっているバージョンを startup version (再起動後、Running Version)とする。

 

【各コンポーネントのアップグレード手順について】

アップグレードに関しては、以下のドキュメントのようにまとめられております。

最新のドキュメントは、和訳されていない英文のもののみの場合があります。

 

[Version 1.4 to 2.0]

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/UCS/UCSMGR/UCSMGR/UPG/006/b_UpgradingCiscoUCSFrom1.4To2.0_chapter_0100.html?bid=0900e4b182ca972e

[Version 2.0 to 2.1]

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/UCS/UCSMGR/UCSMGR/UPG/008/b_UpgradingCiscoUCSFrom2.0To2.1.html

 

バージョンによって異なるので、詳細は、都度アップグレードしたいバージョンのファームウェアをご確認頂く必要がありますが、上述のドキュメントの、"手動アップグレード手順の概要" の、手順1~11の部分を大まかに説明します。

手順12のServer Firmware のアップグレード手順は、別のドキュメントで紹介しております。

 

【Infrastructure firmware のアップグレード手順

1.  FIStorage領域への必要なファームウェア(Infrastructure FW, Server FW)のダウンロードまで完了させます。

 

2.  UCS manager Activateし、バージョンアップします。

FIstorage領域にアップデート用のバイナリファイルがあるため、IOMやサーバコンポーネントのアップグレードのようにUpdateの手順は必要なく、Activateから行います。

 

3.  IOMのファームウェアをアップグレードします。FilterIO Modules を選択し、Bundleを選択、Set Bundleのプルダウンから、FIにダウンロードしてあるファームウェアから、適切なバージョンを選択すると、各IOMBackup Version のバージョン表記も変更されます。Applyを押すと、IOMBackup partition のファームウェアのUpdateが開始されます。

 

4.  Backup partitionにあるファームウェアを、StartupファームウェアへActivateします。

2と同様、IO Modules Filterをかけ、Updateしたバージョンを選択すると、Startup Versionのバージョン表記が変わりますので、Applyボタンを押すと、Activateが開始されます。

 

 

5.  Subordinate FIのファームウェアをActivateし、バージョンアップします。

FIstorage領域にアップデート用のバイナリファイルがあるため、IOMやサーバコンポーネントのアップグレードのようにUpdateの手順は必要なく、Activateから行います。

 

6.  Primary FIを手動でフェイルオーバーし、手順5でアップグレードしたSubordinate FI Primary FI にします。

GUIでは出来ないため、SSHFIVirtual IPへアクセスし、CLIで実施します。

手順は、以下となります(UCS-A = FI-APrimaryの場合)

Command or Action

Purpose

Step 1

UCS-A# show cluster state 

Displays the state of fabric interconnects in the cluster and whether the cluser is HA ready.

 

Step 2

UCS-A# connect local-mgmt 

Enters local management mode for the cluster.

 

Step 3

UCS-A (local-mgmt) # cluster {force primary |lead {a | b}} 

Changes the subordinate fabric interconnect to primary using one of the following commands:

force

Forces local fabric interconnect to become the primary.

lead

Makes the specified subordinate fabric interconnect the primary.

 

7.  Subordinateとなった、元Primary FIのファームウェアをActivateし、手順5と同様にバージョンアップします。

この時点で、アップグレード前とPrimary/Subordinate FIは入れ替わりますが、問題ございません。

もし、アップグレード前と同じくFI-APrimaryとして使用したいというような場合は、手動でFailoverを再度実施してください。

 

8.  引き続き、Server Firmware をアップグレードする場合は、以下のドキュメントを参照してアップグレードをしてください。

UCS Bシリーズ ファームウェアアップグレード手順(Server Firmware 編)

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12401826

3389
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント