シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS] UCS Bシリーズ ファームウェアアップグレード手順(Server Firmware 編)

【はじめに】

本ドキュメントは、以下のドキュメントと併せてご確認ください。

UCS Bシリーズ ファームウェアアップグレード手順(Infrastructure Firmware 編)

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12401586

 

【イントロダクション】

本ドキュメントは、Bシリーズサーバのファームウェアアップグレード(Server Firmware)について纏めております。

インストール方法には、Firmware Manual-Install  Firmware Auto-Install(2.1.x以降へのアップグレードからがありますが、ここでは、全てのバージョンで可能なManual-Install(Upgrade) を説明します。

 

実際のアップグレード時の動画は、以下のリンクの動画の一部で紹介されております(英語)

https://www.youtube.com/watch?v=Kt_VxmJCTFE

 

同時にFIやIOMといった、Infrastructure Firmware のアップグレードを計画されている場合、先にInfrastructure Firmware をアップグレードする必要が有るため、以下のドキュメントを参照して先にアップグレードしてください。

UCS Bシリーズ ファームウェアアップグレード手順(Infrastructure Firmware 編)

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12401586

 

【Server(Host) firmware のアップグレード手順

Infrastructure firmware のアップグレード後、サーバに関連するコンポーネントのファームウェアをServer firmware bundle使用して実施します。

通常のサーバと異なり、Bシリーズのシステムは、サーバファームウェアのバージョンの管理を、Service Profile に一任することが可能です。また、Ciscoもこれを推奨しております(Infrastructure firmware と同様の手順を踏んで、コンポーネント個別にアップグレードも可能)

こうすることで、Blade本体やBlade内のコンポーネントを交換し、交換パーツに搭載のファームウェアが異なっている場合でも、いつもサーバにassociateしているService Profile associateするだけで、オリジナルバージョンに簡単に戻すことが可能です。

以下、Service ProfileFirmware Policyの関連性についての説明、及びアップグレードの方法を示します。

 

<Service Profile Firmware Policy の関連性>

引用元URL: http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/cum/prodlit/white_paper_c11-590518.html

 

 

Download Firmware(ローカルPCにcisco.comからダウンロードしてきたファームウェアバンドルファイルをUCSMを使ってFIのstorage領域にコピー)を終え、FIにバンドルファイルが存在するファームウェアは、上図のように、ファームウェアポリシー(そのBladeサーバをどのファームウェアファームウェアバンドルで運用するか)をサーバに適用するサービスプロファイルに関連付けることで、プロファイルをassociateしてサーバを起動する際、ファームウェアバージョンをチェックし、指定したファームウェア(バンドル)と異なる場合はバージョンアップ(バージョンダウン)を実施します。

チェックの結果、バージョンが同じだった場合は、アップグレードをスキップします。

 

<CIMC Firmware のアップグレード>

UCSM及びInfrastructure Firmware 2.1(1a)以降では、Service Profile を適用した時にCIMC firmware versionをアップグレード/ダウングレードするPolicyであるManagement Firmware Packageは使用されず、Host Firmware Packageに統合されました。

よって、これ以降のバージョンでは、CIMC firmwareは、以下の手順4にて他のHost Firmware と共に、Host Firmware Package を作成し、Service Profile の Frimware Policies としてこのPackageを選択し、Service Profileに関連付けることでassociate時にアップグレードすることが出来ます。

以下の手順1~3では、2.1(1a)未満のバージョンにも対応出来るよう、手動でのCIMCアップグレード手順について記述しております。

詳細なファームウェアアップデート方法については、バージョンごとに異なるため、以下のURLを参照して下さい。

http://www.cisco.com/c/en/us/support/servers-unified-computing/ucs-manager/products-installation-guides-list.html

事前準備として、以下のドキュメントの"各ファームウェアアップグレードの概要"の手順1, 2を参照し、cisco.comのファームウェアダウンロードページからのファームウェアダウンロード、及びPCからFIへのServer Firmware bundle のダウンロードを実施してください。

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12401586

 

 

1.  Equipmentタブ配下、Equipment を選択

右ペイン、Firmware Managementタブ内、Installed Firmware を選択

ツリーを展開し、該当サーバの CIMC を選択し、Firmwareを確認

 

2.  Update Firmware をクリックし、新たに開く Update Firmware 画面で、該当サーバの CIMC を選択、Backup Version 項目内バージョンを 交換前バージョンへ変更し Apply をクリック

 

3.  Update Status  Ready になるのを待ち、画面を OK ボタンで閉じる

Installed Firmware タブ内 Activate Firmware をクリックし、該当サーバの CIMC を選択

Startup Version を交換前バージョンへ変更、Ignore Compatibility Check のチェックボックスにチェックを入れ、Applyをクリック

Activate Status  Ready になれば終了

 

 

<BIOS, Storage Controller, Board Controller, Adapter, CIMC(UCSM 2.1(1a)以降の場合)Firmwareアップグレード>

上述のように、UCSM 2.1(1a)以降 では、Service Profile, Firmware Policy を利用してファームウェアをアップグレード出来るため、1~3の手順は必要ありません。

4.  Serversタブ配下、Servers> Policies> root> Host Firmware Packages を選択

右ペインで + をクリックし、新しい Host Firmware Package 作成ウィンドウ(Create Host Firmware Package)が表示

任意の名前を入力、Blade Package にて交換前のバージョンを選択し、OK ボタンを押す。

各コンポーネントにどのバージョンのファームウェアが適用されるかは、以下のように

Servers>Policies>Host Firmware Packages>作成したパッケージ

を選択して確認できます。

 

 

5.  Servers タブ配下、Servers> Service Profiles の中から、該当サーバに Associate している Service Profile を選択

右ペインの Policies タブ配下で Firmware Policies を開き、Host Firmware で手順4で作成した Host Firmware Package を選択

Save Changes をクリックすると、ポップアップウィンドウが表示されるため、OKをクリック(既にサーバに適用され、動作しているサーバに適用すると、設定を反映させる為にサーバのリブートが必要な旨のポップアップが表示されますので注意)

 

 

6. Firmware Policy を関連付けたProfileをサーバにassociateすると、ファームウェアがアップグレードされます。

アップデートに時間を要するため、通常のassociateより時間を要します。FSMタブで進捗を確認してください。

2109
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント