シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS] UCS C-Series サーバーのマザーボード交換手順

本文書は、UCS C-Series サーバーマザーボード交換手順について説明します。

 

作業前

【パーツ手配時の注意点】

TPM(Trusted Platform Module)を搭載しているサーバを交換する場合、TPMは交換後に載せ替えが出来ないため、筐体(マザーボード)交換の度に手配する必要があります。

手配する必要があるか否かを判断するため、technical support data からTPMの有無を確認します。

\tmpの配下、tech_supportQuerying All IPMI Sensors, 及びtech_support.frupids にてTPMの存在有無を確認します。以下の例のように、TPM自体が製品によって別のタイプが使われている場合があるため、TPMのセンサーから返るIPMIシグナルが異なる場合があります(: TPM_PRESENT FM_TPM_CARD_PRS)

 

  

TPMの有効化(Enablement)はBIOSメニューから実施します。

以下の記事をご参照ください。

UCS Cシリーズ - TPMの設定方法

https://supportforums.cisco.com/ja/document/12110086

 

[作業手順]
  - お客様作業 (FE 作業前)

    1. OS のシャットダウンおよび電源の停止。

    2. CIMC の設定を必要に応じて下記ページご参照の上バックアップを取得。

      - CIMCの設定のバックアップとリストア方法
        https://supportforums.cisco.com/ja/document/11937806

    3. CIMC の画面から、[Admin] タブ配下にある [Network] から以下の情報を
       控えていただき、作業員にお伝えいただきます。

      <確認項目>
        NIC mode:
        CIMC IP:
        Prefix/Subnet:
        Gateway:
        NIC redundancy:
        Port Properties:
        VLAN Properties:
     </>

  - FE 作業

    1. ケーブルが元の状態に戻せるように、ラベリング処理をします。

    2. 機器の電源が off であることを確認し、サーバーの後方にある電源コー
       ドを外します。

    3. ネットワークケーブルなど、他のケーブルを全て外します。

    4. ラックの前方から機器の両側にあるネジを外し、機器をラックから外し
       ます。

    5. 機器の後方にあるつまみネジを外し、天板の左右にあるリリースボタン
       を押しながら、前方から後方に天板をスライドさせます。

    6. スライドされた天板を上方に持ち上げ、外します。

    7. 対象の機器から、装着されてある下記の FRU を外します。

      7.1. Power Supply
      7.2. HDD
      7.3. RAID Controller BBU / SuperCap
      7.4. Memory DIMM
      7.5. Mezzanine Card
      7.6. Flexible Flash Card
      7.7. PCIe Riser Card
      7.8. SCU Upgrade ROM Module / Software RAID Key Module
      7.9. Heatsink / CPU (*1)

      *1) CPU 及びヒートシンクを取り外した後、付着したサーマルグリースは
          グリースリムーバーを使用して入念に拭き取って下さい。
         
          交換用ブレードに装着する際、CPUのピンにグリースが
          付着していないことを確認して下さい。
         
          ピンにグリースが付着していると、CPUが認識されず、サーバが
          起動出来ない原因となります。詳しい情報は下記弊社資料を
          ご参照ください。

          - UCS CPU サーマルグリースの除去と塗布
            https://supportforums.cisco.com/ja/document/12327486

    8. 備品機器の天板を外し、[7.] にて外した FRU を装着します。

    9. 備品機器に天板を戻します。

    10. FRU 装着完了の備品機器をラックにラッキングします。

    11. 電源コード以外のケーブルをラベリング通りに戻します。

    12. 電源コードを Power Supply にしっかり装着します。

    13. 電源ボタンを押し、機器を起動します。

    14. BIOS 画面に入り、サーバの時間をUTC(日本時間 - 9時間)で設定します。
        時間の設定方法については、下記の弊社資料をご参照ください。

        - [UCS] UCS C-Series サーバーの BIOS 設定方法について
          https://supportforums.cisco.com/ja/document/12388141

    15. CIMC の設定画面にて、お客様から下記の情報をいただき、それぞれの
        項目を設定します。

      <設定項目>
        NIC mode:
        CIMC IP:
        Prefix/Subnet:
        Gateway:
        NIC redundancy:
        Port Properties:
      </>

        CIMC の初期設定については、下記の弊社資料をご参照ください。
      
        - [UCS] UCS C-Series サーバーのCIMC初期設定方法について

          https://supportforums.cisco.com/ja/document/12397276

    16. CIMC へのアクセスが可能であることを確認します。

    17. CIMC の画面にて、ハードウェアの異常が無いことを確認します。

    18. 下記のページを参照の上、CIMC および BIOS のバージョン合わせを
        実施します。

        - Host Upgrade Utilityを使用したFirmwareのアップグレード

          -- CIMC 2.X
           https://supportforums.cisco.com/ja/document/12526021

          -- CIMC 1.5
           https://supportforums.cisco.com/ja/document/12401416

          -- CIMC 1.4
           https://supportforums.cisco.com/ja/document/12390796

  - お客様作業 (FE 作業後)

    1. CIMC の設定を必要に応じて下記ページご参照の上
       バックアップからリストアします。

      - CIMCの設定のバックアップとリストア方法
        https://supportforums.cisco.com/ja/document/11937806

    2. OS が正常に起動することを確認します。なお、マザーボードを交換後、
       オンボード NIC の MAC address が変わるため、ご利用の OS によって
       ネットワークインターフェイスの再設定を行う必要がございます。

       詳しい設定手順は各 OS ベンダーが提供している文書をご参照ください。


[参考資料]

  - Cisco UCS C-Series Rack Servers Install and Upgrade Guides

    http://www.cisco.com/c/en/us/support/servers-unified-computing/ucs-c-series-rack-servers/products-installation-guides-list.html

3253
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント