シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS] UCS C-Series サーバーのCIMC初期設定方法について

本文書は、UCS C-Series サーバーCIMC初期設定方法について説明します。

 

[作業手順]

  1. サーバーの電源を入れ、機器を起動します。


     
  2. KVM コンソールまたは接続ディスプレイ画面にて
    [Press <F2> Setup, <F6> Boot Menu, <F7> Diagnostics, <F8>Cisco IMC Configuration,
    <F12> Network Boot] が表示されましたら、[<F8>] を押し、CIMC 設定画面を起動します。


     

  3. 設定する項目に応じて、カーソールキーで項目に合わせ、選択箇所では[Space] キーで
    'X'マークを付け、その他は数字キーにて設定を入力します。
    最後に<F10>を押し、設定を保存します。


    Networkを経由してCIMCGUI画面にアクセスするためには、最低限 以下の設定が必要となります。

    • NIC mode: 次のような選択可能なNICモード設定があります。
      ・Shared LOM Ext(デフォルト):shared LOM 拡張モードです。これは工場出荷時設定で、NIC 冗長化は Active-active、
       DHCP はイネーブルに設定されています。
       このモードでは、shared LOM インターフェイスと Cisco Card インターフェイスの両方がイネーブルです。
      ・Dedicated:CIMC へのアクセスに 1 Gb イーサネット専用管理ポートを使用します。
       [NIC redundancy] の [ None ] を選択し、IP 設定を選択する必要があります。
      ・Shared LOM:CIMC へのアクセスに 2 つの 1 Gb イーサネット ポートを使用します。
       NIC 冗長化と IP 設定を選択する必要があります。
      ・Cisco Card:CIMC へのアクセスに取り付け済みの Cisco UCS 仮想インターフェイス カード(VIC)のポートを使用します。
       NIC 冗長化と IP 設定を選択する必要があります。

    • CIMC IP: DHCPを利用しない場合、IPアドレスを指定します。

    • Prefix/Subnet: サブネットマスクを指定します。

    • Gateway: デフォルトゲートウェイを指定します。

    • NIC redundancy: 次のような選択可能な冗長化指定があります。
      • none:イーサネット ポートは個別に動作し、問題が発生した場合にフェールオーバーを行いません。
      • active-standby:アクティブなイーサネット ポートに障害が発生した場合、スタンバイ ポートにトラフィックがフェールオーバーします。
      • active-active:すべてのイーサネット ポートが同時に使用されます。

    また、[<F1>]を押すことで、次のページに移り、その他の設定も行うことができます。


  4. 以下は設定例です。

    ・NIC mode: Dedicated(専用管理ポートを使用)
    ・IP Address: IPv4、Static IPアドレス、Subnet Mask、Gatewayを指定
    ・NIC redundancy: None


     

  5. Webブラウザより、上記で設定したIPアドレスにhttps接続でアクセスします。
    尚、デフォルトのログイン情報は以下となります。
    ・Username: admin
    ・Password: password



    ログイン後、必要に応じてその他の設定を行います。



    [参考資料]

      - Cisco UCS C220 Server Installation and Service Guide

        http://www.cisco.com/c/en/us/td/docs/unified_computing/ucs/c/hw/C220/install/C220.html

4845
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント