シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCS v1.4.1x のB-Series Blade交換時の内蔵RAID Arrayの乗せ換えについて

UCS B-series内蔵RAID Controller配下に作成されたRAID Arrayを 別のBlade Server

(すなわち別のRAID Controller)へ乗せ換える場合、UCS versionが1.4(1i),(1j),(1m) の場合、

以下の不具合により、交換時に特別な方法を取る必要があります。

CSCtl81556    The RAID Mirror fails boot after moving the RAID Cluster to a diff blade

この不具合は リリース済み1.4(2b)のバージョンに改修が含まれておりますが、該当versionを

ご利用の場合は以下の手順で乗せ換えを行なって下さい。

この手順で行わず、RAIDのactivate処理を行う前に、Service-ProfileをBladeにAssociateした場合、

HDD中のデータが失われる恐れがあります。

他のversionでのRAID Arrayの乗せ換えについては、以下のドキュメントを参照下さい。

UCS B-Series内蔵RAID Controller配下のRAID Arrayの乗せ換えについて

【乗せ換え手順】

1. OSのShutdown

2. Service ProfileをDisassociation

3. BladeをDe-comission

4. 交換用BladeにHDDを乗せ換えてSlotに挿入

5. 交換用 Blade がこれまでに該当のシャーシに挿入されたことがない場合、自動で Re-acknowledge が開始。以前に同シャーシに挿入したことがあり Decommission により抜かれた Blade である場合には、明示的に Re-acknowldge を実施する。

6. KVM Console 立ち上げ

7. Bladeの全面にある電源ボタンを押し起動

8. 起動画面を確認し、F2でBIOS設定に入る

bios.png

9. BIOS設定で、Quiet BootをDisabledに設定し、save後、Bios設定を抜ける

8.png

10. 再起動後、LSI の Configuration Utility に Ctrl + c で入る

9.png

11. 以下の画面で enter

10.png

12. RAID Properties を選択

11.png

13. View Existing Array を選択

12.png

14. Manage Array を選択

13.png

15. Activate Array を選択し、その後の画面で y を選択

14.png

16. Activate後、LSI Config Utility を抜ける

17. Bladeの全面にある電源ボタンを長押しし、電源を落とす

18. UCSM からService-Profileをassociate

19. Serverを起動し、乗せ換え作業は終了です。

コメント
New Member

いつもお世話になっております。

下記2点ご確認をお願い致したく。

確認1

 項番4においてBladeを挿入したと同時にRe-acknowledgeが開始されました。

 F/Wは1.4.1のいずれかはっきりせず申し訳ございませんが、

 その様な事がありえるのかご確認頂けないでしょうか。

確認2

 Re-acknowledgeとは挿入されたBladeサーバの構成情報を取得する機能と解釈しております。

 (Bladeサーバ内部のHDD内のArray構成情報等は確認しない)

 項番4の時点でRe-acknowledgeが開始されたとして、

 Service Profileをassociateする前にActivate Arrayを行えばデータロストする可能性は無いと考えますが、

 如何でしょうか。

以上2点、お忙しいところお手数ですが、ご確認よろしくお願い致します。

Silver

ツユキ様、

お世話になっております。

その後調査させていただきましたところ、以下の挙動であることが解りました。

- これまでに該当シャーシに挿入されたことがないブレードは、同シャーシに挿入されると、自動的に Re-acknowledge が開始される

- 以前に該当シャーシに挿入されていたことがあり、"Decommission" をしてから抜かれたブレードは、再度 同シャーシに挿入しても自動で Re-acknowledge が開始することはない

従いまして、"確認1" に関しましてはその様な挙動をする場合がございます。

また "確認2" に関しましては、ご認識の通り元の Service profile を Associate しない限りはデータロストは致しません。

上記の挙動より本記事の手順を再度見直し、修正させていただきました。

内容と致しましては交換用 Blade を挿入した直後に自動もしくはマニュアルで Re-acknowledge を実施し、その後の処理はディスプレイやキーボードではなく KVM Console を使用する様にしております。

以上、よろしくお願い致します。

New Member

伊藤様

お忙しいところご確認頂きありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。

1116
閲覧回数
20
いいね!
3
コメント