シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

UCSM integration 構成サーバの切断、接続方法

[注意点]

  • サーバ再接続時には、サーバID(Equipment > Rack-Mounts > Servers > Server X)が変わることがあります。切断前のIDを確認しておき、元に戻せるようにしておきます。
  • ケーブルを抜く前には、元通りに結線できるようにマーキングしておきます。
  • OS はシャットダウンされ、Service Profile が Disassociate されていることを確認しておきます。

 

[サーバ切断方法] 

  1. サーバを Decommission します。
     



    Decommission 完了



    Decommission が失敗する場合は、[サーバ切断方法 - Decommission できない場合] に進んでください。
     
  2. サーバからネットワークケーブルを抜いて Fabric Interconnect から切断し、電源ケーブルも抜きます。
     
  3. UCSM からサーバ情報を削除します。
    (サーバ内のコンポーネントを交換する場合など、サーバのマザーボードを交換しない場合には、この手順は実施する必要はありません。
    Decommissioned タブで対象サーバ上で右クリックして、Delete を実行します。Delete が失敗する場合は、Recommission にチェックを入れて Save することで削除可能です。



     

[サーバ切断方法 - Decommission できない場合]

  1. 対象のサーバからネットワークケーブルを抜いて Fabric Interconnect から切断し、電源ケーブルも抜きます。
     
  2. サーバを Remove します。




    シャーシ削除完了
    対象サーバが左画面から消え、Decommissioned タブにも残っていないことを確認します。