シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

VDS-TC: snmpwalk で情報を取得する

本稿は、VDS-TC-1S の standalone 構成(バージョン 5.1.1)にて動作を確認しています。

 

VDS-TC における SNMP の設定

SNMP の設定は configuration file 内で行います。
TAC ラボでの試験環境では以下のように設定してあります。

<snmp>
  <trap-ip>10.160.0.21</trap-ip>
  <snmp-read-community>vdstcr</snmp-read-community>
  <snmp-write-community>vdstcw</snmp-write-community>
  <snmp-trap-community>taclab</snmp-trap-community>
</snmp>

 

snmpwalk でアクセスする際に必要な設定は、上記のうち以下の2つです。

  • smp-read-community
  • snmp-write-community

configuration を import/apply すると、SNMP の設定が有効となります。

 

snmpwalk でのアクセス

SNMPデーモンは Management Server 上の 161/udp で SNMP Request を受け付けます。以下に snmpwalk の実行例を示します。

# snmpwalk -v 2c -c vdstcr 10.162.1.7


SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: VDS-TC Transparent Caching mgmt software version 5.1.1b27
SNMPv2-MIB::sysObjectID.0 = OID: SNMPv2-SMI::enterprises.9.1.1689
DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (1810519) 5:01:45.19
SNMPv2-MIB::sysContact.0 = STRING: cs-vdstc@cisco.com
SNMPv2-MIB::sysName.0 = STRING: VDS-TC Transparent Caching mgmt node
SNMPv2-MIB::sysLocation.0 = STRING:
SNMPv2-MIB::sysORLastChange.0 = Timeticks: (2) 0:00:00.02
SNMPv2-MIB::sysORID.1 = OID: SNMP-VIEW-BASED-ACM-MIB::vacmBasicGroup
SNMPv2-MIB::sysORDescr.1 = STRING: View-based Access Control Model for SNMP.
SNMPv2-MIB::sysORUpTime.1 = Timeticks: (0) 0:00:00.00

 

MIB ファイルについて

VDS-TC 用の MIB ファイルは、Management Server 上の以下のディレクトリから取得できます。

  /opt/pang/mgmt/avalon/share/snmp/mibs

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-26-2014 08:05 AM
更新者:
 
タグ(1)