シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

VLAN Trunkingの設定

UCSMのvNICの設定では、VLAN Trunkingの項目でYESとNOが選択できます。

NOを選択することにより、TrunkではなくAccess Portとして設定できそうですが、実際には常にTrunk Portとして動作しています。

そのため、NO選択時に設定したVLANにサーバを参加させるには、以下のようにNative VLANにチェックを入れる必要があります。

もしくは、OS側でVLANの設定を行います。

vNIC.png

このように、VLAN Trunkingは、実質的にはvNICで複数のVLANを選択するかどうかの指定をするだけの設定となります。

しかし、その設定項目名から誤解を招き易いため、UCSM 1.4からはVLAN Trunkingのオプションが無くなり、デフォルトで複数のVLANが選択できるようになっています。

参考:CSCti38648

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
1133
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント