キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

WAAS 最適化通信の確認方法

WAAS で最適化中の通信は、最適化を行っている WAE の CLI で確認することができます。

WAAS4.1 以降は、 "show statistics connection" コマンドで確認できます。

WAE612-B#show statistics connection

Current Active Optimized Flows:                      4
   Current Active Optimized TCP Plus Flows:          4
   Current Active Optimized TCP Only Flows:          0
   Current Active Optimized TCP Preposition Flows:   0
Current Active Auto-Discovery Flows:                 0
Current Reserved Flows:                              40
Current Active Pass-Through Flows:                   0
Historical Flows:                                    67


D:DRE,L:LZ,T:TCP Optimization RR:Total Reduction Ratio
A:AOIM,C:CIFS,E:EPM,G:GENERIC,H:HTTP,M:MAPI,N:NFS,S:SSL,V:VIDEO


ConnID        Source IP:Port          Dest IP:Port            PeerID Accel RR
    68   192.168.63.101:1512       192.168.61.1:80 00:14:5e:69:26:28 THDL  00.0%
    69   192.168.63.101:1513     192.168.61.12:445 00:14:5e:69:26:28 TCDL  53.6%
    72  192.168.63.201:50805       192.168.61.1:80 00:14:5e:69:26:28 THDL  80.2%
    73  192.168.63.201:50806     192.168.61.12:445 00:14:5e:69:26:28 TCDL  18.0%

各フローのエントリーで、Accel の項が、どの最適化が行われているかを示しています。

ここで使われているアルファベットは、コマンド出力中段で示している各種最適化機能の略号になります。

例えば、ConnID 68 のフローについては、TFO / HTTP AO / DRE / LZ の最適化が行われていることを示しています。

WAAS4.0 では、TCP レベルの最適化を "show tfo connection summary" コマンドで確認することができます。

CIFS 最適化が行われているかの確認は、"show cifs session-list" コマンドで確認します。

WAE#show tfo connection summary

Optimized Connection List
Policy summary order: Our's, Peer's, Negotiated, Applied
F: Full optimization, D: DRE only, L: LZ Compression, T: TCP
Optimization

Local-IP:Port         Remote-IP:Port        ConId   PeerId              Policy
192.168.18.50:22891   192.168.24.50:4050      141   00:14:5e:cd:18:7d   F,F,F,F
192.168.20.10:3399    192.168.22.10:445       235   00:14:5e:cd:18:7d   F,F,F,F
192.168.20.10:3407    192.168.22.10:21        247   00:14:5e:cd:18:7d   F,F,F,F
192.168.22.10:20      192.168.20.10:3408      250   00:14:5e:cd:18:7d   F,F,F,F

各フローのエントリーで、Policy の項の4つのアルファベットが最適化設定を示し、左から順に、この WAE の設定、対向の WAE の設定、ネゴシエートした設定、適用されている設定を示します。

F は TFO / DRE / LZ 、D は TFO / DRE 、L は TFO / LZ 、T は TFO のみの最適化を示します。

CIFS 最適化を行っているフローについては、"show cifs session-list" コマンドでも確認することができます。

このコマンドは、WAAS4.0 及び WAAS4.1 以降でも利用できます。

但し、このコマンドは、client 側で最適化を行っている WAE でのみ確認でき、ファイルサーバ側で最適化を行っている WAE では、出力されません。

WAE612-B#show cifs sessions list
Accelerated CIFS Sessions (Edge side)
ID     Client                 Server                 State    Idle(s)  Resolved
69     192.168.63.101:1513    192.168.61.12:445      active   0        192.168.61.12
73     192.168.63.201:50806   192.168.61.12:445      active   34       192.168.61.12
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎09-22-2010 04:29 PM
更新者: