キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Nexus 5000 Series: AUTHPRIV-5-SYSTEM_MSG が 3 分毎に記録される

2014年1月23日(初版)

----年--月--日(Update)

TAC SR Collection
主な問題

5.1(3)N1(1) 以降の NX-OS で稼働している Nexus 5000 シリーズで、以下のメッセージが 3 分毎に記録される。

2013  Dec  2 02:03:12 N5548-F12 %AUTHPRIV-5-SYSTEM_MSG:     root :  TTY=console ; PWD=/var/sysmgr/sysmgr-subproc ; USER=root ;  COMMAND=/sbin/sysctl -q -w vm.drop_caches=3 - sudo

また、以下のようなメッセージが記録される事がある。

2013 Dec  2 01:33:24 N5548-F12 %AUTHPRIV-5-SYSTEM_MSG:     root : TTY=unknown ; PWD=/var/sysmgr/work ; USER=root ; COMMAND=/isanboot/bin/imghdr Debug /var/sysmgr/ftp/img-sync/curr-isan.img - sudo

2013 Dec  2 02:02:52 N5548-F12 %AUTHPRIV-5-SYSTEM_MSG:    admin : TTY=unknown ; PWD=/var/sysmgr/vsh ; USER=root ; COMMAND=/usr/bin/strings /proc/5709/environ - sudo

原因

これらのメッセージはシステムがカーネルパラメーターを変更した際に記録されるもので、問題のあるメッセージではありません。

5.1(3)N1(1) 以降の NX-OS では 3 分毎に RAM 上のキャッシュを定期的にクリアされる実装がされ、 その際 AUTHPRIV-5-SYSTEM_MSG を出力するようになっております。


そのため authpriv ファシリティのロギングレベルが 5 以上に変更されている場合、上記のログが出力されます。

ロギングレベルの確認は以下のコマンドで確認可能です。

N5548-F12# show logging level | egrep authpriv

authpriv                3                       7 #authpriv のロギングレベルが 5 以上

N5548# show run | egrep authpri

logging level authpri 7

解決策

authpriv ファシリティのロギングレベルを 4 以下のレベルに変更してください。

推奨はデフォルトの 3 となります。

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-23-2014 10:25 AM
更新者: