シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Nexus2000 ポート SPAN 時のパケットドロップの可能性について

2011年10月19日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Nexus5010/5020 のアーキテクチャでは、10G Port ASIC と Fabric ASIC とは 12Gbps  の帯域で接続されています。SPAN 設定時、PortASIC はパケットを複製し Nexus5010/5020 上の SPAN Destination Port  へ送信するため 2 倍の帯域を使用します。

Nexus2000 のインタフェースを SPAN する際、パケットの複製は Nexus2000 上の  ASIC ではなく Nexus5010/5020 の Port ASIC で行われます。
つまり Nexus2000 のポートを SPAN  する場合、Nexus5010/5020 の fex fabric ポートを SPAN した際と同じ帯域を消費することになります。

Nexus5010/5020 と Nexus2000 を接続する fex fabric ポートのトラフィックが 6 Gbps  を超えた際、Nexus5010/5020 の PortASIC と Fabric ASIC との 12G  の帯域不足が発生し、パケットドロップが発生する可能性があります。

回避策

SPAN 設定時のパケットドロップを防止するため、ソフトウェアによる機能拡張 (CSCte80029)で SPAN ポートの rate-limit  を導入致しました。

以下の通り SPAN destination port にて rate limit を設定することができます。

設定例:
Nexus5020(config)# int e1/10
Nexus5020(config-if)# switchport  monitor
Nexus5020(config-if)# switchport monitor rate-limit 5G

この設定により、Nexus5010/5020 の Port ASIC と Fabric ASIC との 12G  の帯域が制限され、トラフィック・ドロップを回避することができます。

ご参考

Nexus5548/5596 でも、Port ASIC と Fabric ASIC 間の接続は 12Gbps ですが、Port  ASIC で SPAN 専用のバッファが割り当てられており、トラフィックが 6Gbps を超えるような場合で SPAN  を行っても、ユーザトラフィックへの影響が無いように設計されております

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-01-2012 05:45 PM
更新者: