キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Nexus7000 シリーズスイッチで SpineControlBus Test に fail する問題

2013年 3月7日

TAC SR Collection
主な問題

スーパーバイザ・エンジンを 2重化している Nexus7000 シリーズスイッチにおいて、ファブリックモジュールの管理バスへの

内部テスト (SpineControlBus Test ) に連続して失敗し、以下のログを出力する不具合が報告されています。

%DIAGCLIENT-2-EEM_ACTION_HM_SHUTDOWN: Test <SpineControlBus> has been disabled as a part of default EEM action

%DEVICE_TEST-2-PWR_MGMT_BUS_FAIL: Module 5 has failed test SpineControlBus 20 times on device Power Mgmt Bus on slot 14 due to error Spine control test failed error number 0x00000002

原因

Active 側 スーパーバイザ・エンジンと Standby 側スーパーバイザ・エンジン上それぞれで実行される、
管理バス内部テストが同時に行われたタイミングで競合が発生し、該当の試験に失敗するというソフトウェア不具合 CSCuc72466 が原因です。

解決

 
 CSCuc72466 にて修正バージョンならびに回避策をご確認下さい。
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎03-12-2013 06:07 PM
更新者: