シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS B] 長期間稼働した Fabric Interconnect が再起動する

2013年09月17日(初版)

xxxx年xx月xx日(Update)

 

 

TAC SR Collection
主な問題

Cisco UCS 6100/6200 Fabric Interconnect が 780日から790日程度稼働後、再起動してしまいます。

 

Version 1.4, 2.0, 2.1 のいずれのバージョンでも発生します。

Version 1.3 では発生しません。

原因

SPAN(monitor session) が設定されていない Fabric Interconnect で、メモリリークが発生することが原因となります。

 

NXOS モードで show monitor internal mem-stats detail を5分程度の間隔で実行して、ETH_SPAN_MEM_show_temp_t の値を確認することで、メモリリークが発生しているかどうかを確認することが可能です。

 

<省略>

  14 ETH_SPAN_MEM_dst_params         0      1          0         48
  16 ETH_SPAN_MEM_show_temp_t        2      3        168        252
  17 ETH_SPAN_MEM_ssn_list_t         0      1          0         88
  20 ETH_SPAN_MEM_es_seq_t           0      1          0        176


(nxos)# show monitor internal mem-stats detail
<省略>
  14 ETH_SPAN_MEM_dst_params         0      1          0         48
  16 ETH_SPAN_MEM_show_temp_t        5      5        420        420
  17 ETH_SPAN_MEM_ssn_list_t         0      1          0         88
  20 ETH_SPAN_MEM_es_seq_t           0      1          0        176

解決策

[恒久対策]

本問題は CSCug20103 として報告されており、既に修正バージョンがリリースされていますので、そちらのバージョンへアップデートすることで対応可能です。


[暫定対策1]

SPAN (Monitor Session) を両方の Fabric Interconnect に設定することにより、メモリリークを防ぐことが可能です。ただし、それまでにリークしたメモリは解放されません。

SPAN を無効にしていても、Destination/Source Port を設定していなくても、メモリリークを防げるので、Fabric Interconnect のパフォーマンスに影響を与えることなく、本問題への対策が可能です。


[暫定対策2]

定期的(起動から700日程度を目安)にメモリを解放するために、Fabric Interconnect を再起動します。

 

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎09-17-2013 11:17 PM
更新者:
 
タグ(2)