キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS B] UCSマネージャのfaultにF0367エラーがレポートされ、ClearedにならずMajorのまま残ってしまう

2015年01月22日(初版)

xxxx年xx月xx日(Update)

TAC SR Collection

主な問題

IOMFI間のIO通信が正常に行われており、Port Status もリンクアップとなっているにも関わらず、FI, IOM間の全てのリンクにおいてUCSマネージャのfaultF0367エラーがレポートされ、Clearedとならずにエラーが残ってしまうことがある。

 

Severity: Major

Code: F0367

Last Transition Time: 2014-01-13T22:12:01.774

ID: 2416144

Status: None

Description: No link between IOM port 1/2/1 and fabric interconnect B:1/2

Affected Object: sys/chassis-1/slot-2/fabric/port-1

Name: Ether Switch Intfio Satellite Connection Absent

Cause: Bmc Pre Config Pnuoslocal Failed

Type: Connectivity

Acknowledged: No

Occurrences: 1

Creation Time: 2014-01-13T22:12:01.774

Original Severity: Major

Previous Severity: Major

Highest Severity: Major

 

Severity: Major

Code: F0367

Last Transition Time: 2014-01-13T22:12:01.774

ID: 2416143

Status: None

Description: No link between IOM port 1/2/2 and fabric interconnect B:1/4

Affected Object: sys/chassis-1/slot-2/fabric/port-2

Name: Ether Switch Intfio Satellite Connection Absent

Cause: Bmc Pre Config Pnuoslocal Failed

Type: Connectivity

Acknowledged: No

Occurrences: 1

Creation Time: 2014-01-13T22:12:01.774

Original Severity: Major

Previous Severity: Major

Highest Severity: Major

 

Severity: Major

Code: F0367

Last Transition Time: 2014-01-13T22:12:01.774

ID: 2416142

Status: None

Description: No link between IOM port 1/2/3 and fabric interconnect B:1/6

Affected Object: sys/chassis-1/slot-2/fabric/port-3

Name: Ether Switch Intfio Satellite Connection Absent

Cause: Bmc Pre Config Pnuoslocal Failed

Type: Connectivity

Acknowledged: No

Occurrences: 1

Creation Time: 2014-01-13T22:12:01.774

Original Severity: Major

Previous Severity: Major

Highest Severity: Major

<以下、省略>

原因

DME(データマネージメントエンジン)が定期的なインベントリを実行する際、ごく稀にインベントリが予定より長い時間を必要とする場合があります。

これをDMEはインベントリが失敗したと理解し、結果、FIとIOM間の link fault が発生したと記録されてしまいます。

解決策

[恒久対策]

CSCuh33051にて対応しております。

修正されたファームウェアバージョンは、上記IDをご確認下さい。

[ワークアラウンド]

UCSマネージャにて、IOMと接続している各々のFI上のServer portを一旦disableし、再度enableとすることで、UCSマネージャは正常なステータスを取得し、faultはクリアされます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-22-2015 03:56 PM
更新者: