シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[UCS C] OS Watchdog Timer をEnabledにすると、予期せぬシステムの Power Down が発生する

20151120日(初版)

TAC SR Collection

 

主な問題

CIMCBIOS設定において、OS Watchdog Timer Enabledにすると、OS起動後、予期せぬサーバのPower Down が発生する。

原因

これは、OS側でCIMC上のWatchdog Timer をリセットする機能を持っていない場合、期待される動きとなります。

CIMC GUIの画面において、

Server=>BIOS=>Configure BIOS=>Server Managementから OS Watchdog Timer Enabledに設定すると、起動してから OS Watchdog Timer Timeout で設定された時間(デフォルト値は10 min)が経過すると、その間、OS側でWatchdog Timer をリセットしないためにCIMCOSが無応答であると判断し、OS Watchdog Timer Policy で設定した動作(デフォルトはPower Down)を実施します。

各パラメータについては、以下のリンクをご参照ください。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/UCS/UCSC-IntegratedMGMTCntrller/UCSC-IntegratedMGMTCntrll/CG/007/b_Cisco_UCS_C-series_CLI_Configuration_Guide_151_appendix_010000.html?bid=0900e4b18324fe66#reference_7D32F60AA5A2436AA46D3B04C84009B0

解決策

OS Watchdog Timer を使用しない場合、デフォルトのDisabledからEnabledに変更しないでください。

使用する場合は、OS側でWatchdog Timer をリセット出来るような設定をしてください。

(: LinuxOpenIPMIをインストールし、IPMI Watchdog を設定)

151
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント