シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

[入門編] Prime Infrastructure へデバイスの追加方法について

Prime Infrastructure へデバイスを追加する方法は3つあります。

Prime Infrastructure3.0を例とします。)

 

方法1:自動検出機能を利用しデバイスを追加します。

- [Inventory] [Device Management] [Discovery]の順をクリックします。

 

2- (右上隅にあ る)[Discovery Settings] を ク リ ッ ク し、[New] を ク リ ッ ク し ます。

 

※ここで[Quick Discovery]を選択すると、[Quick Discovery Settings]画面が出ます。

[Discovery Settings]-- 項目を設定し、次回同じ設定を使用してディスカバリを再実行する場合に推奨されます。

[Quick Discovery]-- ネットワーク全体をpingでスキャンし、SNMPポーリングを使用してデバイスの詳細を取得します。

 

3- [Protocol Settings] 画面で各項目を設定します。

各項目の詳細について、[Cisco Prime Infrastructure 3.0 ユーザ ガイ ド]42ページをご参考ください。

 

Cisco Prime Infrastructure 3.0 ユーザ ガイ ド

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/docs/CSM/RoutingSwitchingMGMT/PrimeInfra3_0/UG/001/pi_ug.pdf

 

4- 設定完了しましたら、[Save] [Run Now] を選択し、ディスカバリを実行します。

• [Save] --ディスカバリ設定を保存し、指定し た時間にディスカバリが実行されるようにスケジュール設定できます。

• [Run Now] --今すぐディスカバリを実行します。

 

 

方法2csvファイルからデバイスをインポートします。

1-  [Inventory] > [Device Management] > [Network Devices] の順をクリックします。

 

2- プラスのボタンから[Bulk Import] をクリックします。

 

3- [Bulk Import] の画面で、[Operation] Device/Siteを選択し、[Select CSV File] で、インポートするデバイス情報を含むscvファイルを追加します。

 

4- [Import] をクリックすると、開始します。

[Administration] > [Dashboards] > [Job Dashboard] > [User Jobs] > [Reports Status] の順でインポートステータスは確認できます。

 

方法3:手動でデバイスを追加します。

1- [Inventory] > [Device Management] > [Network Devices] の順をクリックします。

 

2- プラスのボタンから[Add Device] をクリックします。

 

3- 必須項目に正しい情報を入力します。

 

4- [Verify Credentials]にてデバイスクレデンシャルを確認後、[Add]をクリックします。

 

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎03-13-2017 02:16 PM
更新者:
 
ラベル(1)