シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

10 Mbps のインタフェースにて期待される Shaping Rate が出ない問題

こちらの問題につきましては、CSCtj14901 にて報告されております。

CSCtj14901

Output drops occurs on interface to which shaping is set on 892.

tx-ring-limit が自動的に 4 に変更されるために発生する問題であり、実装上の動作となります。

インタフェースに tx-ring-limit を明示的に設定いただくか、10Mbps で使用しないことで回避することが可能です。

この問題につきましては、全ての ISRG2 プラットフォームで発生します。

コメント
Community Member

1点ご質問となります。

上記リンクにはシェーピングに関する言及はありませんが、

シェーピングを使用しない場合でも、tx-ring-limitを設定することにより、

I/F速度が10Mbps固定の場合にもパケットドロップは回避できるのでしょうか?

414
閲覧回数
0
いいね!
1
コメント