キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

2015/5/19 Webcast ’Cisco IOS/IOS-XEに関するルーティングプロトコルのトラブルシューティング' Q&A

  資料ダウンロード

フォローアップエキスパートに質問は開催期間を終了いたしました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Q1. (資料の)27ページの事例が前ページでの推定原因のどれに当たるのか教えていただきたいです。
A1. いずれの推定原因にも該当している可能性があるので、それぞれ該当していないか切り分けを実施する必要があります。

Q2. OSPFでフォワーディングアドレスの話がありましたが、R1のOSPF DBには 57.57.57.0/24 は O IA で持っていると思うのですが、それではダメなのでしょうか。
A2.  はい、OSPF DBにエントリーがある状態でも、ルーティングテーブルにないとNGです

Q3. OSPF SPF スロットリングの紹介がありましたが、同じエリア内で一部のOSPFルータのみで設定変更したりするのは、問題ないのでしょうか。
A3. いいえ、同一エリア内のOSPFルータでOSPFスロットリング/LSAスロットリングを変更する必要があります。

Q4. コマンドリストに debug がリストアップされていましたが、トラブルシュートに必ず debug は必要でしょうか。
A4. debug による負荷は使用されている環境規模にも依存するため、一概にコメントが難しいです。
商用環境でのトラブルで debug が難しい場合は、同じ設定にて試験環境での同じ事象が再現できるかをご確認頂き、試験環境でのログ取得をご検討してください。

Q5. OSPFは障害時、どのくらいで復旧しますか?
A5. 

障害発生~復旧までにかかる時間は、

- 障害を検知するまでの時間、
- 障害を検知したルータが LSA を再生成するまでの時間、
- 再計算にかかる時間

の合計です。これらの時間はそれぞれ

- OSPF Hello/Dead interval
- timer throttle LSA:
- timer throttle SPF

をチューニングすることで調整することができます。

Q6. OSPF の ATTEMPT ステートはどういう状態ですか?
A6. ATTEMPT は NBMAネットワークでのみ見られるステートで、ネイバから Hello パケットを受信していないことを示しています。
Ethernetインタフェースを使用しているような環境ではBroadcast or Point-to-Pointネットワークが一般的ですが、それらの環境では ATTEMPTステートになることはありません。

Q7. SIA による Neighbor down を無効にすることは可能でしょうか。
A7. active timer を調整することで、同様のことが実現可能ですが、
到達できない経路が Routing table に残り続けるため、推奨されません。

Q8. なぜルータID変更時 neighbor が reset されるのでしょうか。
OSPF では同様の設定変更でも neighbor はリセットされない(反映されない)と記憶しています。eigrp は すぐに反映されるのでしょうか
A8. ルータIDの選択基準は OSPF と EIGRP で異なっており、ルータID変更時の動作も異なりますので、ご注意ください。すぐに変更されます。

Q9.OSPFのMTU不整合で ip ospf mtu-ignore コマンドで回避可能とあったのですが、ネイバーは確立できますが MTU 最大サイズの LSU が受信できないなどの問題は残らないのでしょうか。
A9.ip ospf mtu-ignoreコマンドはDBDに対して有効です。LSUでMTU不一致の問題が発生する場合は、ネットワーク機器でMTU値を調整してください。

Q10.SIAの説明で、"Reply" が受信できなかった場合にと話があったのですが、Reply は Reliable パケットなので損失した場合は再送され、
何らかの問題がある場合は SIAにはならず、retry limit でリセットされるのではないでしょうか。
A10.ルータAでSIAのメッセージが出力されます。ご質問はルータB/ルータCについて言及しているものです。

Q11.SIAQueryの役割は、ただReplyを待っているとSIAが全体に及ぶのでそれを防止することがメインと理解していましたが、今回のケースでどこからどこまでSIA、つまりネイバーダウンが発生するのか詳しく聞けたらと思います。
A11.SIAによるネイバーダウンはA,B間で発生します。

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎09-05-2017 05:18 PM
更新者:
 
ラベル(1)