キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Catalyst 2900XL/3500XL/2950/3550 シリーズ スイッチでのトランキングの設定方法

対処方法

トランクとは、スイッチ間またはスイッチとルータ間でトラフィックを送受信するポイントツーポイント  リンクです。トランクによって複数の VLAN のトラフィックを伝送できるため、VLAN をネットワーク全体に拡張できます。100Base-T  およびギガビット イーサネット トランクは、デフォルトのプロトコルである Cisco Inter-Switch Link  Protocol(ISL; スイッチ間リンク)、または業界標準の IEEE 802.1q を使用して、1 つのリンクで複数の VLAN  のトラフィックを伝送します。

IEEE 802.1q トランクを使用する場合、ネットワークのトランキング戦略に関する次の制限が適用されます。

  • ト ランクの一端のネイティブ VLAN ともう一端のネイティブ VLAN が異なっていると、Spanning Tree Protocol(STP;  スパニング ツリー プロトコル)ループが発生する可能性があります。そのため、802.1q トランクのネイティブ VLAN がトランク  リンクの両端で同じである必要があります。

  • ネットワーク内のすべての VLAN で STP  を無効にしていないときに、802.1q トランクのネイティブ VLAN で STP を無効にすると、STP  ループが発生する可能性があります。802.1q トランクのネイティブ VLAN で STP を有効なままにしておくか、ネットワーク内の各  VLAN で STP を無効にすることをお勧めします。STP を無効にする前に、ネットワークにループが存在しないことを確認してください。

  • ベスト プラクティスは、重大なネットワークの問題を発生させる可能性があるループを検出できるように、STP を有効なままにしておくことです。

イネーブル モード を開始したら、Catalyst 2900XL/3500XL シリーズ スイッチに対して次の手順を実行します。

  1. configure terminal コマンドを発行して、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

  2. インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始し、interface [type] <mod/port> コマンドを発行して、VLAN に追加するポートを入力します。

  3. switchport mode trunk コマンドを発行して、このポートを VLAN トランクとして設定します。

  4. switchport trunk encapsulation [isl|dot1q]  コマンドを発行して、ISL または 802.1q  カプセル化をサポートするようにポートを設定します。同じカプセル化タイプを使用して、リンクの各端を設定する必要があります。802.1q  を選択する場合は、トランク リンクのデフォルト VLAN を選択する必要があります(2950/2955  スイッチの場合、このステップは必要ありません)。

  5. switchport trunk native vlan [vlan-id] コマンドを発行して、VLAN を設定します。この VLAN は、802.1q トランク ポートで、タグなしのトラフィックを送受信します。有効な ID は、1 ~ 1001 です。

  6. end コマンドを発行して、特権 EXEC モードに戻ります。

  7. show interfaces [type] <mod/port> switchport コマンドを発行して、エントリを確認します。ディスプレイ上で、[Operational Mode] フィールドと [Operational Trunking Encapsulation] フィールドを確認します。

  8. copy running-config startup-config コマンドを発行して、設定を保存します。

デフォルトで、トランク ポートは VLAN データベースのすべての VLAN からトラフィックを送受信します。各トランクで、すべての VLAN(1 ~ 1005)が許容されます。

どのポートであっても、デフォルトのトランキング モードは dynamic desirable です。つまり、隣接インターフェイスが trunkdesirable、または auto モードに設定されていれば、そのインターフェイスはトランク インターフェイスになります。

注:Catalyst  2950/3550 シリーズでのトランキングの設定手順はほぼ同じです。2950/2955 シリーズ スイッチは 802.1q  だけをサポートし、ISL トランク カプセル化をサポートしていないため、ステップ 4 は必要ありません。Cisco Catalyst 3550  シリーズ スイッチは、ISL トランクと 802.1Q トランクの両方をサポートしています。Cisco Catalyst 2950  を使用しながら ISL トランキング標準に移行する場合、ISL でサポートされるデバイスと Cisco Catalyst 2950 シリーズ  スイッチ間に ISL/dot1Q 対応デバイスを配置することをお勧めします。次の URL に、2950 に関するいくつかの FAQ  が要約されています。次の URL に、2950 に関するいくつかの FAQ が要約されています

http://www.cisco.com/cpropart/salestools/cc/pd/si/casi/ca2950/prodlit/2950p_qp.htm

Catalyst シリーズ(特に、Catalyst 2950/3550 シリーズ)の詳細については、「Configuring VLANs」を参照してください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

DOC-3686

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎05-24-2011 11:34 AM
更新者:
 
ラベル(1)