シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Catalyst 3560/3750 などの IPv6 ルーティングプロトコル の CPU queue での取り扱い

Catalyst 3560/3750 などの IPv6 ルーティングプロトコル の CPU queue での取り扱い

以下の URL などに紹介されておりますが、Catalyst 3560/3750 などの製品には、

CPU 向けの通信について 16 個の Queue が用意されており、用途に応じて

データが格納されます。Queue には優先順位があり、上位のものが優先的に処理されます。

http://www.cisco.com/en/US/customer/docs/switches/lan/catalyst3750/software/troubleshooting/cpu_util.html#wp1023843

ルーティングプロトコルは、上から 4 番目の routing protocol に格納されるべきですが、

そこには格納されず、上から 9 番目の broadcast に格納されるという事象が報告されています。

この事象により、例えば CPU 使用率が高くなった状況などにおいて、

IPv4 ルーティングプロトコルのネイバー関係には影響がなく、IPv6 ルーティング

プロトコルのネイバー関係のみがダウンする、というような事象が報告されることが

あります。

IPv6 のルーティングプロトコルも、routing protocol に格納されるように

検討しておりますが、現時点において修正の予定などは立っていません。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-21-2011 02:30 PM
更新者:
 
ラベル(1)