シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Catalyst 6500 シリーズ: Sup2T と Sup720 における QoS 動作の違い

     

     

    Sup2TとSup720のQoS デフォルト動作の違い

    ※記載のある事項と、Cisco.com に記載のある事項に矛盾があった場合、Cisco.com にある情報を優先してください。

     

    Sup720 の QoS デフォルト動作

    SUP720 ではデフォルトの状態でQoS (Port QoS/PFC) は無効と なっています。

    各物理インターフェイスではデフォルトで Trust DSCP 状態ですが、QoSを有効 (mls qos コマンド)にすることで、Untrusted 状態となります。その為、QoS有効後は、3750シリーズや2960シリーズのように明示的にTrust設定を入れる必要があります。

     

    Sup720 デフォルト状態

    SUP720#show queueing interface te3/1
    Interface TenGigabitEthernet3/1 queueing strategy:  Weighted Round-Robin

      Port QoS is disabled globally <-- Defaultで無効
      Queueing on Te3/1: Tx Disabled Rx Disabled

    Trust boundary disabled

      Trust state: trust DSCP  <-- Default で Trust DSCP となっている。
      Extend trust state: not trusted [COS = 0]
      Default COS is 0
        Queueing Mode In Tx direction: mode-cos
        Transmit queues [type = 1p7q4t]:
        Queue Id    Scheduling  Num of thresholds
        -----------------------------------------
           01         WRR                 04
           02         WRR                 04
           03         WRR                 04

     

    また、デフォルト状態では、優先制御や帯域制御などのキューイング処理は 行われなず、キュー1しか使われない状態となっております。 キューイングは、mls qos コマンドで QoS を有効にしたと同時に有効となります。

     

    SUP720(config)# mls qos

     

     

    Sup720  mls qos 有効状態

    SUP720(config)#mls qos
    SUP720(config)#end
    SUP720#show queueing int gig3/1
    Interface GigabitEthernet3/1 queueing strategy:  Weighted Round-Robin

      Port QoS is enabled globally <-- QoS が 有効
      Queueing on Gi3/1: Tx Enabled Rx Enabled

    Trust boundary disabled

      Port is untrusted <--Qos を有効にすると、Untrusted となる。
      Extend trust state: not trusted [COS = 0]
      Default COS is 0
        Queueing Mode In Tx direction: mode-cos
        Transmit queues [type = 1p3q8t]:
        Queue Id    Scheduling  Num of thresholds
        -----------------------------------------
           01         WRR                 08

     

     

    Sup2T の QoS デフォルト動作

    Sup720 では、単一のグローバル コマンドで QoS の有効、無効を設定し、このコマンドが PFC レベルとポート レベルの両方に適用されていました。PFC4 システムの QoS では、PFC レベルのデフォルト QoS の動作が大きく変わっています。

     

    SUP2T(PFC4 )では、デフォルトで QoS (PFC) が有効となっています。

    QoS (PFC) を有効にするためにグローバル CLI による設定は必要ありません。

     

    各物理インターフェイスではデフォルトで Trust DSCP の状態であり、明示的にTrust設定を入れる必要はありません。

    その為、デフォルトでは、パケット通過時に、L2 パケットまたは L2 に分類された L3 パケットの DSCP、EXP、CoS はいずれも変更されません。

     

    但し、優先制御や帯域制御などの Port QoS は Disabledで、キュー1しか使われない状態なので、これらは別途設定を実施する必要があります。

    SUP2T 上で簡単に Port QoS による優先制御、帯域制御等を有効にしたい場合は "auto qos default" の1行を追加するだけで設定が可能であり、PQ (Priority-Queue) が有効となり、キュー1以外のキューも有効となります。そしてPQに入ってきたパケットは意図しなくても優先制御がかかるようになります。PFC3 ベースの mls qos グローバル コマンドは、auto qos default グローバル コマンドに置き換えられました。
    このコマンドは、ポート レベルで QoS を有効にする場合にだけ使用し、PFC レベルでは使用しません。

     

    SUP2T(config)# auto qos default

     

     

     Sup2T  デフォルト状態

    SUP2T#show queueing inte te2/2/1
    Interface TenGigabitEthernet2/2/1 queueing strategy:  Weighted Round-Robin

      Port QoS is disabled globally <-- Default で無効。 auto qos default で有効になる
      Queueing on Te2/2/1: Tx Disabled Rx Disabled

    Trust boundary disabled

      Trust state: trust DSCP <-- Default で Trust DSCP
      Trust state in queueing: trust COS
      Extend trust state: not trusted [COS = 0]
      Default COS is 0
        Queueing Mode In Tx direction: mode-cos
        Transmit queues [type = 1p7q4t]:
        Queue Id    Scheduling  Num of thresholds
        -----------------------------------------
           01         WRR                 04
           02         WRR                 04

     

    Sup2T  "auto qos default" 設定状態

    SUP2T#show queueing inte te2/2/1
    Interface TenGigabitEthernet2/2/1 queueing strategy:  Weighted Round-Robin

      Port QoS is enabled globally <-- auto qos default で有効になる
      Queueing on Te2/2/1: Tx Enabled Rx Enabled

    Trust boundary disabled

      Trust state: trust DSCP <-- Trust DSCP のまま
      Trust state in queueing: trust COS
      Extend trust state: not trusted [COS = 0]
      Default COS is 0
        Queueing Mode In Tx direction: mode-cos
        Transmit queues [type = 1p7q4t]:
        Queue Id    Scheduling  Num of thresholds
        -----------------------------------------
           01         WRR                 04
           02         WRR                 04

     

    Trsut DSCP ではなく、Trsut CoSに設定変更する例

    SUP2T(config)#interface TenGigabitethernet 2/1
    SUP2T(config-if)#switchport access vlan 100
    SUP2T(config-if)#switchport mode access
    SUP2T(config-if)#platform qos trust cos

     

    SUP2T#show queueing int te2/1
    Interface TenGigabitEthernet2/1 queueing strategy:  Weighted Round-Robin

      Port QoS is enabled globally
      Queueing on Te2/2/1: Tx Enabled Rx Enabled

    Trust boundary disabled

      Trust state: trust COS
      Trust state in queueing: trust COS
      Extend trust state: not trusted [COS = 0]
      Default COS is 0
        Queueing Mode In Tx direction: mode-cos
        Transmit queues [type = 1p7q4t]:
        Queue Id    Scheduling  Num of thresholds
        -----------------------------------------
           01         WRR                 04
    -- snip --

     

     

    参考資料

    Catalyst 6500 Sup2T システムの QOS アーキテクチャ

    Understanding Quality of Service on the Catalyst 6500 Switch

    Catalyst 6500 シリーズにおけるQoS、キューイング及びスケジューリングについて

     

    608
    閲覧回数
    0
    いいね!
    0
    コメント