キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Catalyst4500シリーズスイッチのCPU SPAN

Catalyst4500シリーズスイッチでは、CPU SPANを行うと、CPUで受信されているパケットを確認できます。

Catalyst6500シリーズスイッチとはコマンドが異なっておりますので、ご注意下さい。

Catalyst4500シリーズスイッチで、CPU SPANでrxオプションを使用すると、受信トラフィックがモニタ対象となります。

以下は、CPUが受信しているトラフィックをモニタ対象とし、G4/1にsniffer deviceが接続されている際の設定例です。

monitor session 1 source cpu queue all rx

monitor session 1 destination interface gig 4/1

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-25-2013 11:29 PM
更新者:
 
ラベル(1)