キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Catalyst6500, Cisco7600 crashinfo file の確認・取得方法

1. crashinfo とは

crashinfo fileは、機器のcrash、予期しない再起動が発生した際に生成され、diagnostic、log、memory情報など原因調査を行う際に有用な情報が集収されたfileです。

crash事象の調査をTACへ依頼される場合は、以下の手順で crashinfoの有無を確認頂き、生成されている場合は、取得した crashinfoも合わせてケースオープンをお願いします。


2. cashinfo の確認方法

Catalyst6500, Cisco7600では、以下の通り、crashが起きたprocessor毎にcrashinfoが生成されます。

dir all-filesystems コマンドで、crashinfoの有無、また、どのprocessor上で生成されたかの確認が可能です。

 

Switch Processor (SP):
-Supervisorに搭載されているSPで生成された場合は、sup-bootflash、または、sup-bootdisk に保存されます。
 ※Supervisor を二重化されている場合は、slavesup-bootflash、または slavesup-bootdiskにも生成されます。

 

Directory of sup-bootdisk:/
    1  -rw-    98539332  Feb 03 2001 14:13:34 +09:00  s72033-ipservicesk9_wan-mz.122-33.SXI3.bin
    2  -rw-       20176   Aug 02 2001 18:42:05  crashinfo_20010802-234205

 


Route Processor (RP):
-Supervisorに搭載されているRPで生成された場合は、bootflash、または、bootdisk に保存されます。
 ※Supervisor を二重化されている場合は、slavebootflash、または slavebootdiskにも生成されます。

 

Directory of bootflash:/

   1  -rw-        7146   Feb 03 2001 06:50:39  test.cfg
    2  -rw-       20176   Aug 02 2001 18:42:05  crashinfo_20010802-234205

 


Distributed Forwarding Card (DFC):
-DFCを搭載したモジュールで問題が発生した場合は、DFC上のbootflash に保存されます。

 

Directory of dfc#6-bootflash:/

-#- ED ----type---- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
1   ..   crashinfo 2B745A9A   C24D0   25   271437 Jan 27 2003 20:39:43 crashinfo_

 

3. cashinfo の取得方法

crashinfoの取得方法は CLI上に出力させる方法と、file自体をTFTPでアップロードする方法があります。

 

CLI上に出力させて取得する方法

 

(1)ターミナルソフトで ログ記録を有効にします。
   (例: TeraTermの場合は ファイル->ログ)

(2)Catalyst6500, Cisco7600上で、Terminal lengthを 0 に設定します。

  Router#terminal length 0

(3)more path:filename で fileの内容を出力させます。

  例)
  Router#more slavesup-bootdisk:crashinfo_20110407-182546-UTC

 

TFTPでアップロードする方法
 

(1)Catalyst6500, Cisco7600上で copy path:filename tftp: を実行します。

例)  copy slavesup-bootdisk:crashinfo_20110407-182546-UTC tftp:

 

 

 

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎03-26-2014 11:19 AM
更新者:
 
ラベル(1)