キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco ルータを TFTP サーバとして動作させる設定

はじめに:

ルータは、TFTP サーバとして活用することができます。

通信速度の遅い WAN 回線によって、 TFTP サーバから分離された複数のルータをアップグレードする場合、この機能を使用することがあります。

低速 WAN 回線を使用する環境下では、まず初めに TFTP を使ってリモートルータの1つをアップグレードします。

そして、1つ目のルータを TFTP サーバとして動作するよう設定し、そこから高速なローカルリンク上で、残りのルータのアップグレードを行います。

ルータは、 TFTP サーバとしての機能を全て備えているわけでは無く、

可能なのはダウンロード用ファイルの提供だけであり、ルータのローカルフラッシュメモリへのアップロードには使用できません。

ただし、ルータは IOS イメージを提供するだけではありません。

設定ファイルの保存先にルータのフラッシュメモリを使用することができ、それらは、 TFTP 経由でダウンロードすることも可能です。

また、 Cisco 以外の機器の設定ファイルの保存に使用することもできます。

設定方法:

"tftp-server" コマンドによって、ルータが TFTP サーバとして設定されます。

Router#configure terminal

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.

Router(config)#tftp-server bootflash:c7200p-adventerprisek9-mz.151-3.S4.bin

Router(config)#end

Router#

アクセスリストを使用することにより、 TFTP サーバとして使用するルータのセキュリティを強化することができます。

Router#configure terminal

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.

Router(config)#tftp-server bootflash:c7200p-adventerprisek9-mz.151-3.S4.bin  <Access_List>

Router(config)#end

Router#

英語版: https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-1759

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-29-2013 07:52 PM
更新者:
 
ラベル(1)