シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco Catalyst スイッチでのジャンボ/ジャイアント フレーム サポートの設定方法

主な問題

各 Cisco Catalyst スイッチがどのようなフレーム  サイズをサポートできるかは、ハードウェアやソフトウェアなど、さまざまな要因に左右されます。同じプラットフォーム内でも、使用可能なフレーム  サイズはモジュールによって異なります。また、使用するソフトウェア バージョンによって、使用可能な最大フレーム サイズが変わる可能性もあります。

ジャ ンボ フレームは、標準イーサネット フレーム(1518 バイト)よりサイズの大きいフレームです。標準イーサネット フレームには、レイヤ 2  ヘッダーとフレーム チェック シーケンス(Frame Check Sequence:FCS)が含まれます。つまり、サイズが 9000  バイトまでのイーサネット パケットを「ジャンボ フレーム」と呼んでいます。Catalyst 4500  シリーズのスイッチでは、Supervisor III および IV が最大サイズ 9198 バイトのパケットを処理できます。

以下のタイプのインターフェイスでジャンボ フレーム サポートを有効にできます。

  • ポート チャネル インターフェイス
  • Switched Virtual Interface(SVI)
  • 物理インターフェイス(レイヤ2 (L2)/(L3))

ポートでジャンボ フレーム機能を有効にすると、サイズの大きいフレーム(ジャンボ  フレーム)を処理できるようになります。この機能によってサーバ間パフォーマンスが最適化されます。デフォルトの最大転送ユニット(Maximum  Transmission Unit: MTU)フレーム サイズは、どのイーサネット ポートについても 1548 バイトです。ポートでジャンボ  フレーム機能を有効にすると、MTU サイズが 9216 バイトまで増加します。

対処方法

Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチでは、ギガビット  イーサネット ポートでジャンボ フレームを処理できます。MTU  はインターフェイスごとに変更できません。グローバルに設定する必要があります。MTU  の変更を有効にするには、その後でスイッチをリセットする必要があります。

次に例を示します。

3750(config)#system MTUjumbo 9000

注:デフォルトの MTU サイズは 1500 バイトです。現在のインターフェイス タイプの許容範囲を超える値を入力した場合、その値は受け入れられません。

詳細については、Catalyst スイッチでのジャンボ/ジャイアント フレーム サポートの設定例Catalyst 3750 シリーズを参照してください。

ジャ ンボ フレームは、Supervisor III および IV の Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1 (13) EW  以上でサポートされます。4000/4500 プラットフォームでは、特定のブレード モデルの非ブロッキング ギガビット イーサネット  ポートでのみジャンボ フレームがサポートされます。ジャンボ フレームをサポートしているポートおよびギガビット モジュールは以下のとおりです。

  • Supervisor III(WS-X4013)および Supervisor IV(WS-X4014)のスーパーバイザ アップリンク ポート
  • WS-X4306-GB
  • WS-X4232-GB-RJ、ポート 1-2 のみ
  • WS-X4418-GB、ポート 1-2 のみ
  • WS-X4412-2GB-TX、ポート 13-14 のみ

の機能は、各ポートで以下のように設定します。

sup3(config-if)#mtu 9198

詳しくは、以下のドキュメントを参照してください。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎03-29-2011 09:54 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)