キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco Catalyst スイッチでジャンボ フレーム サポートやジャイアント フレーム ポートを設定する方法

このドキュメントは英語版(バージョン3)の日本語訳です。日本語は直訳ではなく、日本のお客様の使用状況に沿って変更を加えている箇所もあります。

最新の内容は英語原文をご確認ください。

概要

多数ある Cisco Catalyst スイッチが異なるフレーム サイズをサポートできるかどうかは、多くの要因によって決まります。その 1 つとして、関連するハードウェアとソフトウェアがあります。 同じプラットフォーム内でも、特定のモジュールでは、他よりも大きなフレーム サイズがサポートできる場合があります。 また、サポートされる最大のフレーム サイズも、使用するソフトウェア バージョンによって異なります。

ジャンボ フレームは標準のイーサネット フレーム サイズである 1,518 バイトより大きいフレームです。レイヤ 2 ヘッダーとフレーム チェック シーケンス(FCS)が含まれています。 つまり、ジャンボ フレームは最大 9,000 バイトのサイズを持つイーサネット パケットです。 Catalyst 4500 シリーズ スイッチでは、Supervisor III と IV によって最大 9,198 バイトのパケットを処理できます。

ジャンボ フレーム サポートは、次のタイプのインターフェイスでイネーブルにできます。

  • ポート チャネル インターフェイス
  • スイッチ仮想インターフェイス(SVI)
  • 物理インターフェイス(レイヤ 2(L2)/(L3))

ポートでジャンボ フレーム機能をイネーブルにすると、そのポートで大きなフレームまたはジャンボ フレームに切り替えることができます。 この機能はサーバ間のパフォーマンスを最適化します。 デフォルトの最大伝送単位(MTU)フレーム サイズは、すべてのイーサネット ポートで 1,548 バイトです。 ポートでジャンボ フレーム機能をイネーブルにすると、MTU サイズは 9,216 バイトまで増加します。

設定例 Catalyst 3750シリーズスイッチ

Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチでは、ジャンボ フレームはギガビット イーサネット ポートでサポートされます。 MTU は個々のインターフェイスで変更することはできません。 グローバルに設定する必要があります。 MTU の変更が有効になるように、後でスイッチをリセットする必要があります。

次の例を検討します。

3750(config)#system mtu jumbo 9000

注意:デフォルトの MTU サイズは 1,500 バイトです。 特定のインターフェイス タイプで許容範囲外の値を入力した場合、その値は受け入れられません。

詳細については、「Jumbo/Giant Frame Support on Catalyst Switches Configuration Example(Catalyst スイッチでジャンボ/ジャイアント フレームがサポートされるようにする設定の例)」セクション(Catalyst 3750 Series(Catalyst 3750 シリーズ))を参照してください。

設定例 Catalyst 4000/4500シリーズスイッチ

ジャンボ フレームは Supervisor III および IV の Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(13)EW 以降でサポートされます。 4000/4500 プラットフォームでは、ジャンボ フレームがサポートされるのは、特定のブレード モデルにある非ブロッキングギガビット イーサネット ポートのみです。 以下はジャンボ フレームをサポートするギガビット モジュールと、ポートです。

  • Supervisor III(WS-X4013)と Supervisor IV(WS-X4014)の両方のスーパーバイザ アップリンク ポート
  • WS-X4306-GB
  • WS-X4232-GB-RJ、ポート 1 と 2 のみ
  • WS-X4418-GB、ポート 1 と 2 のみ
  • WS-X4412-2GB-TX、ポート 13 と 14 のみ

この機能の設定は、以下のように各ポートで実行します。

sup3(config-if)#mtu 9198

次のドキュメントを参照してください。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-17-2013 04:37 PM
更新者:
 
ラベル(1)